歩き方を忘れた

投稿日:2019/11/12 22:12:08 | 文字数:617文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1234 123 1234 123
1234 123 1233 100
000000000……

思えばなんでこんな風になったのだろう
先の見えないこと
不安が無いこと
どこか上手くゆく 何かできるはずだと
信じていたんだ

どこで間違ったのだろう
僕はどこへゆくのだろう
これから 僕は

歩き方を忘れた
やがてさっきまでの事も忘れた
思い出せない思い出せない
苦しいことは赤く裂けているのに
泣かないでって言われてる
強いはずだったあの日の記憶が
思い出せないな

1234 123 1234 123
1234 123 1233 100
000000000……

やるせない毎日に一歩踏み出すための勇気がない
冬の結露を舐めてみても血反吐がでるだけ
この手に 何もなくとも
未来を 成せば成るはずだと
信じていたんだ

寄り添う君も誰もいない街で
一人で歩く空想の空に願いをかけて
夜明けの美しさすらも忘れた僕に残されているものは何?

1234 123 1234 123
1234 123 1233 100
000000000……

秋の空を眺めていた
やるせない毎日に思いが木霊する
この手で描けるAnother world
必ずあるんだって言われてる
弱いはずだった昨日の自分が思い出せない

1234 123 1234 123
1234 123 1234 1239
000000000……
000000000……

39!

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP