覚醒

投稿日:2018/05/11 19:12:34 | 文字数:262文字 | 閲覧数:67 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

どうしてもあふれる
たぶんほんとうのこと

言い切るのはすきじゃない
あこがれて、またねむって

ひとつおりてきた

ただの透明だ
だから映るものは
笑えるほどうつくしい
何色に光った?
いまだけのものだよ

くるしくなってもまた
追ってしまうのは
それがすべてだから

破った紙
塵か想いか分身か
紙だったのは
そう思っていたときだけ

咲いたふりの愚かな蕾
齧りとってまたねむる

あこがれは、

ただの透明だ
だから映るものは
笑えるほどうつくしい
何色に光った?
いまだけのものだよ

光源はきみの胸、まばゆいほどに

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際はお手数ですが事前にお知らせください。
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP