君へ

投稿日:2019/10/22 14:50:31 | 文字数:424文字 | 閲覧数:23 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

日常の流れで見失いがちな愛について、綴りました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君へ

1
振り返れば君の微笑み 触れる手の温もり
その潤んだ瞳の涙なごり 理由を問わず そっと肩を抱く

君は覚えているかい 窓辺に飾った 天使のキャンドル
寂しい時 一緒に灯そうって 秋祭りに小さな出店で買ったよね

二人想い交わしてから 涙どれほど流しただろう
切なさに胸焼き尽くされ 素肌どれほど求めただろう

淡く揺れる天使の灯火 やわらかに二人を照らす
こごえるようにふるえる君を 僕は強く抱きしめる

2
立ち止まれば空ろなこの世界 でも確かな君とのこの時間
寂しさの闇が帳をおろそうと 温もりは ほら 熱くここにある

初めてのデートの夕立で ひとつのパーカー分け合いかぶったよね
あの時の無垢な恥じらいと想い 伝わる鼓動に生きている

二人想い交わしてから 涙どんなに互い繋いだだろう
切なさは きっと 永久の架け橋へと 輝く翼を広げるだろう

何気ない日常に 小さな奇跡の光 見つめて
かけがえない君に伝えよう ひと言 愛してる

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 君へ・・

    by 野津 敬さん

▲TOP