秘密の妖精

投稿日:2021/03/02 18:33:39 | 文字数:414文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

Fuyuki1曲目「秘密の妖精」の歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

春風が桜の花びらをのせて
窓辺から吹いたらそれが合図ね

手の中にあるのは私しか知らないありのまま
見せる あなたにだけ

目に見えるものなんて失くしちゃうものと
わかってるのだけど伝えたい それなのに

君が今口を開けば 逃げ出してしまいそう
手遅れになるその前に
妖精さん 手を貸して!
春風が髪を靡かせ 香るは桜色
吹き抜けてしまう前に
抱きしめてよね

今だけは忘れて 緊張をすると
前髪をなぞる直らない癖

誰のものでもないこの部屋で二人
雪の結晶のように透き通った秘密を

君が今口を開けば 逃げ出してしまいそう
手遅れになるその前に
妖精さん 手を貸して!
春風が髪を靡かせ 香るは桜色
吹き抜けてしまう前に
抱きしめてよ 抱きしめて

君の目を真っ直ぐ見たら動けなくなっちゃいそう
手遅れになるその前に
妖精さん 手を貸して!
桜色の妖精たちをあなたも見ているの?
それならもうわかるでしょ?
二人の距離は もう

素敵なボカロPになりたい

twitter
https://twitter.com/Fuyukyyy_P

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 秘密の妖精

    by Fuyuxiさん

▲TOP