ペテン師

投稿日:2019/03/01 00:05:17 | 文字数:336文字 | 閲覧数:11 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

周りに合わせてしまうことで相手も自分も騙してわからなくなってしまって誰かにそれを気づいて欲しい気持ちです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ボクは1人息をひそめる
言葉を飲み込みあくびする
素知らぬ顔してそこにいる
誰も気づくはずない わかるわけない
本当の姿なんてさ

面白くないのに笑って
感情のない言葉並べて
周りにうもれて自分を隠す
ボクは他人をだますんだ
誰も知らない 誰も疑わない
ボクと言う名の仮面をつけ笑う
そんなボクはペテン師

ボクは目を細める
表情と同じ言葉をはく
平然とそこにいる
誰もわからない 疑うことすらしない
本当のボクなんてさ

悲しくないのに泣いて
うわべの言葉積み上げ
自分の気持ちに蓋をする
ボクは自分もだますんだ
もうわからない 知ることもできない
本当のボクはどこ
自分のこと自分が一番わかってるなんて戯言捨て去って
今日もボクは仮面を重ねる
誰か気づいてよ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP