「彗星が流れたら」歌詞

投稿日:2016/10/04 20:04:24 | 文字数:313文字 | 閲覧数:63 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

彗星が流れたら 

作詞作曲:ミスミ

空間飛行はお手の物、純白の少女
ふわりくるり、浮かぶ軌道に乗り

感情忘れてしまおうか、息を呑むフィクション

此処で踊るワルツ、時を忘れ

彗星が駆ける夜空
青い星が遠く見える
昔、君と過ごしたあの場所
願いこめて 星をなぞる

タイムリープができたなら、あの日に戻って
違う道をちゃんと選べたかな

暗い宇宙の向こうには何があるのか
君は優しいままで笑ってるかな

切なさが瞼から溢れ出す
それでもさ、軽やかにステップ踏みしめ
踊ろうか踊ろうか朝まで
あの日の第二ボタン握り締め

彗星が降り注いで
幾千年 過ぎ去ったら、いつか
また出会えるのだろうか
その時まで、鳴らすメロディー

ミスミです。曲をつくります。

Twitter
https://twitter.com/_MISUMI_

mylist
http://www.nicovideo.jp/mylist/47637218

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP