狐なき世界 【歌詞採用済】【作詞コラボ】

投稿日:2014/01/22 00:29:11 | 文字数:2,644文字 | 閲覧数:141 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス:

yowamusi様とのコラボ用歌詞第四弾です。

⇒ http://piapro.jp/yowamusi

lawliet様が作曲して頂きました。
ひよこみくる。様に調教して頂きました。

楽曲【狐なき世界】

⇒ http://piapro.jp/t/Gh8p


楽曲完成、ありがとうございました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【狐なき世界】

<A>

小さい時に狐を見たんだ
だけど誰も信じてくれない
ウソツキ呼ばわりされるけど
本当だよ信じて欲しい

<A>

記録に残す手段は無かったよ
カメラなんか生まれてなくてさ
遙かな昔に消え去っちゃった
狐を僕あの時見たよ

<B>

狐は遥かな昔
神の遣いと言われ
崇められていたんだ
もう一度見てみたいよ

<S>

神々しく光る姿は
まるで図鑑にそっくりで
凜とした立ち居振る舞いは
すっかり僕を魅了した
このまま一生現れない
そんなのちょっと酷すぎません?

<A>

会いたい気持ち日に日に募るよ
無理と理解してても会いたい
幻想抱いて夢の中
狐に会い お告げを聞いた

<B>

明日の真夜中山の
奥の嫁入り行事
覗き見るのだけなら
まあ許してもいいでしょう

<C>

晴れているのに雨が降る『天気雨』
どうやら本当に『狐の嫁入り』
そんな伝説が記録にあるんだよ
本当に今夜 狐と会えるんだ

<S>

木々の隙間 狐眺めて
僕は思わず溜息
華やかな衣装 身にまとって
しゃなりしゃなり歩いてく
狐はやっぱり生きてたんだ
幻影とかではなかったんだ

<S>

覗くだけで先に行けない
だから写真を撮るんだ
約束を破る事になる
だけど欲しい覗き込む
光りを起こし目が合う時
全てが 今 消えてしまったよ  

<S>

見るだけだと私言ったのに
責める声へと謝った
ごめん でも 記録ほしくなって
もうね僕は会えないと
理解しカメラ握り締める
さよなら ああ 二度目の狐

<S>

写真を見て 唖然 真っ白だ
まさか狐につままれ
何もかも消えた山の中
記憶だけが真実で
狐は既に絶滅して
図鑑でしか見れないんだよ


<詳細ひらがな仕様>


【きつねなきせかい】

<A>
(4+3+4+4=15文字)
(3+3+4+4=14文字)
(4+4+5  =13文字)
(4+2+4+3=13文字)

ちいさい ときに きつねを みたんだ
だけど だれも しんじて くれない
うそつき よばわり されるけど
ほんとう だよ しんじて ほしい

<A>
(4+3+4+4=15文字)
(3+3+4+4=14文字)
(4+4+5  =13文字)
(4+2+4+3=13文字)

きろくに のこす しゅだんは なかったよ
かめら なんか うまれて なくてさ
はるかな むかしに きえさっちゃった
きつねを ぼく あのとき みたよ

<B>
(4+4+3  =11文字)
(3+4+3  =10文字)
(3+3+4  =10文字)
(2+3+2+5=12文字)

きつねは はるかな むかし
かみの つかいと いわれ
あがめ られて いたんだ
もう いちど みて みたいんだ

<S>
(6+3+4  =13文字)
(3+4+4  =11文字)
(5+3+5  =13文字)
(3+3+5  =11文字)
(4+3+6  =13文字)
(4+2+7  =13文字)

こうごうしく ひかる すがたは
まるで ずかんに そっくりで
りんとした たちい ふるまいは
すっかり ぼくを みりょうした
このまま いっしょう あらわれない
そんなの ちょっと ひどすぎません

<A>
(4+3+4+4=15文字)
(3+3+4+4=14文字)
(4+4+5  =13文字)
(4+2+4+3=13文字)

あいたい きもち ひにひに つのるよ
むりと りかい してても あいたい
げんそう いだいて ゆめのなか
きつねに あい おつげを きいた

<B>
(4+4+3  =11文字)
(3+4+3  =10文字)
(3+3+4  =10文字)
(2+3+2+4=11文字)

あしたの まよなか やまの
おくの よめいり ぎょうじ
のぞき みるの だけなら
まあ ゆるし ても いいでしょう

<B>
(4+4+3  =11文字)
(3+4+3  =10文字)
(3+3+4  =10文字)
(2+3+2+5=12文字)

あしたの まよなか やまの
おくの よめいり ぎょうじ
のぞき るるの だけなら
まあ ゆるし ても いいでしょう

<C>
(3+4+5+5=17文字)
(4+5+4+4=17文字)
(3+5+4+5=17文字)
(5+3+4+5=17文字)

はれて いるのに あめがふる てんきあめ
どうやら ほんとうに きつねの よめいり
そんな でんせつが きろくに あるんだよ
ほんとうに こんや きつねと あえるんだ

<S>
(6+3+4  =13文字)
(3+4+4  =11文字)
(5+3+5  =13文字)
(3+3+5  =11文字)
(4+3+6  =13文字)
(4+2+7  =13文字)

きぎのすきま きつね ながめて
ぼくは おもわず ためいき
はなやかな いしょう みにまとって
しゃなり しゃなり あるいてく
きつねは やっぱり いきてたんだ
げんえい とか ではなかったんだ

<S>
(6+3+4  =13文字)
(3+4+4  =11文字)
(5+3+5  =13文字)
(3+3+5  =11文字)
(4+3+6  =13文字)
(4+2+7  =13文字)

のぞくだけで さきに いけない
だから しゃしんを とるんだ
やくそくを やぶる ことになる
だけど ほしい のぞきこむ
ひかりを おこし めがあうとき
すべてが いま きえてしまったよ
 
<S>
(6+3+4  =13文字)
(3+4+4  =11文字)
(5+3+5  =13文字)
(3+3+5  =11文字)
(4+3+6  =13文字)
(4+2+7  =13文字)

みるだけだと わたし いったのに
せめる こえへと あやまった
ごめんでも きろく ほしくなって
もうね ぼくは あえないと
りかいし かめら にぎりしめる
さよなら ああ にどめのきつね

<S>
(6+3+4  =13文字)
(3+4+4  =11文字)
(5+3+5  =13文字)
(3+3+5  =11文字)
(4+3+6  =13文字)
(4+2+7  =13文字)

しゃしんをみて あぜん まっしろだ
まさか きつねに つままれ
なにもかも きえた やまのなか
きおく だけが しんじつで
きつねは すでに ぜつめつして
ずかんで しか みれないんだよ

ガネードです。
よろしくお願い致します。

マイペースに作詞応募をしています。
最近は勉強も兼ねて短編執筆の方が主軸になりつつあります。

一度、作詞データの整理をして、落ち着いたら、コラボ活動でも。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP