さよなら海の音

投稿日:2011/08/07 14:39:25 | 文字数:521文字 | 閲覧数:65 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 










ゆらゆら揺れながら
おちるゆめをみるの
つかまえてほしい この腕を
伸ばしたまま 伸ばしたまま
冷たい暗闇に融けていくから
おひさまの届かない世界で
貴方の声だけを頼りに


それは とても簡単で
傷だらけの足で幾度も迷子
脱ぎ捨てた靴が見付からなくて
膝を抱えた腕が頼り無くて
それでも、立ち上がるんだ
震える身体 痛くても


空は遠いから
星は見えないから
私のことなんて 見てなくて いいよ
いつか消し去るでしょう
ラジオのノイズが訴えた感傷


ふらふら眩みながら
逆さまな想いでおちていくの
すくってほしい 嘘でも良いから
真っ赤な空が足下でケラケラ
あと少し あと少し
貴方の声も聞こえなくなる世界で逢いましょう


もがれた手足と無くした涙で
ゲートを開けて
サヨナラ そんな言葉 笑っちゃう
私だけじゃない あの子もその子も 星になる
傷だらけの身体 抱き上げて
さいごのくちづけは腐爛



折られた指の祈りが
どうか
涙 かわりますように
世界の果ての慟哭が
どうか
産声と笑顔に かわりますように


愛してると 一言
さいごに聴かせてくれたら
私はきっと幸せだから


私はきっと 幸せだから


もそもそ歌詞書いてます。
甘く暗く。そんな感じで。

一応絵描きでもあります。よ。
コメント等いただけると嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP