ジャンキー

投稿日:2022/05/02 22:48:38 | 文字数:414文字 | 閲覧数:21 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

独りよがりで終わった
この体たらくが
光を求めて暗い闇を目指す

もがく度に首を絞めて
浅い息を吐いた
温い期待 染み出す時
飽きるほど浴びる

僕の頭は狂ってしまったんだ
何も見えないはずなのに
誰かの声が響く
「もう終わりだろ」
何も無い 暗いこの街
情けない僕がいる
最初からいなければよかった

伽藍堂で終わった
この人生が
痛みを抱えて遠い明日を目指す

茹だるほどに熱い夜が
弱い僕を殺す
消えぬ自戒 増え出す度
痛いのは誰だ

僕の頭は狂ってしまったんだ
何も見えないはずなのに
誰かの声が響く
「もう終わりにしろ」
意味のない昏い半生
溶けだす僕がいる
最初からいなければよかった

もがく度に首を絞めて
浅い息を吐いた
脆い心 傷つくだけ
泣きながら注ぐ

僕の頭は狂ってしまったんだ
何も見えないはずなのに
誰かの声が響く
「もう終わりだろ」
キリがなく迫る罪悪
逃げ出す僕がいる
最初からいなければよかった

音楽が好きです

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP