Aquarius

投稿日:2018/01/16 16:14:07 | 文字数:482文字 | 閲覧数:72 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

足りないものだらけの掌を
届けてみたいんだ 青すぎる空に


千切れそうになって
破れそうになって
時を止めてしまいたいと強く願って

折れそうに
渇きそうになっても
空っぽのボクでもここで生きているから


空は飛べず 永遠には泳げない
走ればいつか倒れる そんなものさ


大きな夢持てる人は
なにもない時でさえ
ちっぽけとは言わず その手に
カケラの幸せ 握りしめていた


解れそうになって
離れそうになって
黒く染めてしまいたいと強く願って

捨てそうに
枯れそうになっても
空っぽのボクでもここで生きていきたいよ


仲間だから? ボクだったから?
怖くて離せなかっただけ。
人は死ぬ時まできっと
子どものままで 花を咲かす


傷つけそうになって
叫びそうになって
消えてしまいたいなんて強く願って

壊れそうになって
泣きそうになっても
それでいいから ここにいるから


ねぇ キミの作ったキミだから
キミの手に入れたものだから
何もせずに手に入れたの
その小さな命だけでしょう


足りないものだらけの掌を
届けてみたいんだ 青すぎる空に

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP