桜花爛漫恋の唄【イラスト募集中】

投稿日:2016/05/04 03:11:11 | 文字数:509文字 | 閲覧数:189 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

初の和風物の作詞です

でも、和風ではなくても面白いかなと思います

一番だけ投稿しておきます
タイトルは仮なので変更して下さって大丈夫です

気にいって頂けた場合、
曲をつけて頂けると嬉しいです


【追記】
一つ漢字ミスを訂正させて頂きました

桜印、の部分は当て字です

Bの部分を一行足しました

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【C】
桜の花弁散る頃に
貴方を迎えに行きますね

【A】
幼き日に描かれた
桜印の愛の形
月夜に妖しく映る
人影に目を伏せた
小さく触れる指先
淡く切ない恋の音

【B】
刻を行く者は残酷で
心の海に溺れる
星に伝え祈る想いは

【S】
咲き誇る花に魅せられ
幾年の時を刻んできた
あの日々の想いを胸に
枯れない君を探し続けた
失うことを恐れては
懐かしむあの頃でさえ
夢のままで終わるのだろう

【C】
さくらのはなびらちるころに(13
あなたをむかえにゆきますね(13

【A】
おさなきひにえがかれた(11
おういんのあいのかたち(11
つきよにあやしくうつる(11
ひとかげにめをふせた(10
ちいさくふれるゆびさき(11
あわくせつないこいのおと(12

【B】
ときをゆくものはざんこくで(13
こころのうみにおぼれる(11
ほしにつたえいのるおもいは(13

【S】
さきほこるはなにみせられ(12
いくねんのときをきざんできた(14
あのひびのおもいをむねに(12
かれないきみをさがしつづけた(14

うしなうことをおそれては(12
なつかしむあのころでさえ(12
ゆめのままでおわるのだろう(13

初めまして、白兎と申します。
作詞をメインに活動しています


※作曲家さん、絵師さん探してます。

アイコンは頂きものです

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    こちらの曲を、もつ鍋さんにつけて頂くことになりました。イラストの方、募集しています

    2016/05/04 03:08:37 From  白兎

  • userIcon

    ご意見・感想

    お久しぶりです
    この詞に曲をつけさせていただけませんか?

    2016/04/15 14:13:43 From  ゴリパン

▲TOP