浴室

投稿日:2011/07/14 23:45:32 | 文字数:556文字 | 閲覧数:68 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 




淡い カラフル タイル なぞって
こぼれ落ちたら 滲む 血の色
午前2時 水音 掻き消される雑踏
ポツリ、 水面の波紋 赤

明日になって
消えてたら
いいのに ねぇ

明日になって
消えられたら
良かったのに なぁ


浸かる浴槽 真っ赤に染まる
手首 足首 枷を嵌めて
溺れる首

毒薬なんて要らないから
緩慢に 死なせて
窓の向こうの雨に問う 問う
無言の泪



漣 浅く 緩く 透ける 安物 ビニール傘
足跡は 刻まれては流され 浚われる 浚われる
落とした赤はすぐに消えた

風に揺られて
どこかとおく
行けたらいいのに なぁ

風が揺らいで
どこまでとおく
連れていってよ ねぇ


お仕舞いは こんな夜更けで
白いワンピース 赤錆色に溶ける
痛覚なんて 要らなくて
涙なんて 意味はなくて
ただ、 ただ、
呼吸が止まるのを 待つだけ
この狭い浴槽で


タイルに張り付いた 赤い手垢
消せない傷痕 抉りたい から
君に最期の 復讐ごっこ
血で綴るラブレター

あたしは
鼓動を聴きながら
あたたかい水のなかで
閉じてゆく視界を想い
静かに ただ静かに
過ぎる時間に溶けだして


カラフル 罅割れたタイル
笑わないで 赤い魚
傷だらけの身体を どうか
抱いて 抱いて 抱いて

そして。

もそもそ歌詞書いてます。
甘く暗く。そんな感じで。

一応絵描きでもあります。よ。
コメント等いただけると嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP