窓辺、思いを巡らせて

投稿日:2018/07/28 00:04:26 | 文字数:428文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

そっと火をつけて 深く息を吐く
夜空に登ってく 灰色の標は
ふわり煌めいた 街の灯火のよう
夜の泡沫

まるで私みたい あまりにも朧げ
触れてまた感じる 弱い私を

あぁ、わかんないよ 
何をやったって満たされなくて
ふり返ると ひとりぼっちなの

ねぇ、気づいてよ 
私はここで呼んでるのに
どうして追い抜いてゆくの

声をあげて耳をふさいで 
何も見ずに一人でさ
もう、いいからさ 
独りで行くよ

乾いた笑いも 
僅かな諦めと憂いを帯びて
ああ、わかっちゃった 
こんなものだと

なんだって出来たわ それだけ頑張ったの
でも振り返ってみると 何にもならなかったの

ねぇ、わかってるの 
何が出来るかなんてさぁ
生きるには意味なんてないの

そう、知ってるよ 
人は人と連れ添ってさえば
それだけで幸せなんだ

理解しても不器用な私は 
なにも出来ずにさ

あぁ、今日もさ 
頭抱えてさ

淡くて弱くて不安に溺れそうな僕を
今すぐに連れ去ってくれよ

ナガツキです。

ギター使いたいので素人から頑張って練習してます。

好きなPさん
keenoさん、ryoさん、ナブナさん

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【IA】窓辺、思いを巡らせて【オリジナル】

    by ナガツキさん

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP