FAKE LOVE

投稿日:2020/04/05 06:07:39 | 文字数:360文字 | 閲覧数:21 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

私は水商売をしていた時に
お客様を好きになってしまった事があります。
でも彼には彼女がいました。
そんな敵わない気持ちを歌詞にしてみました。

是非見てもらえたら嬉しいです!
よろしくお願いします!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

一瞬の寂しさを埋めるだけ。
だってそう。君の中の私はどこにいるの?
普通が何かもわからない
この世界に足を踏み入れた瞬間から
全ては決まっていたみたいに。

もう無理だ。全部辞めたいと心の中で
叫んでも勝手に私の身体は動き出す。
あぁもう自分の感情さえも捨てたんだ。


君が笑顔でいれるなら私は何だってできる
君が辛いなら私が笑わせてあげる
君が他の子を見ていても私が君を助けるよ。

幸せって何?お金持ちになる事?何も
わからなくなった。汚い世の中。
わたしには少し窮屈だったみたい。

愛してるって時には残酷で、
嬉しいはずなのに胸が痛むの
流れに身をまかせる様に
今日も私は偽りの自分に輝きを灯す。

沢山の痛みと悲しみを君の分も背負って
そして私は何度も君に微笑む。
それが私の仕事だから。私の役目なのだから。

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP