「音色ーOtoiroー」/歌詞

投稿者: usericonルナリーさん

投稿日:2020/06/29 19:30:49 | 文字数:457文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

以前ポエ散らかした作詩の中から、

歌詞に書き直したものです。

メロディー優先で調節すると、

こんな感じになると言う見本。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

綺麗なだけの旋律を追って
迷い込んだ乱立する木々
閉ざされてゆくのは夢の中
悪魔の弾いていたバイオリン

いつも恋い慕う音色に届かない
どうして僕には聞こえない

明るい空がやがて燃え尽きてく
死に近い場所で見つめる少女が
決して壊れることない約束を
両の腕に抱えてる今もずっと
キレイな景色だけを切り取ってさ

歌わぬことで命つないで
それは既に僕ではなくてさ
赤い空に騒いでる調べ
その叫び方を探していた

禁じられた罪を紡いでゆくのは
内臓の中身を吐き出す事に等しい

この暮れゆく陽だまりの下にあり
両の手で墓を掘ろう昨日のように
小さな花を手向け微笑んでよ
虫食いのよう浸食する赤い火
燃え尽きてくスクラップは砕けて

禁じられた罪を紡いでゆくのは
内臓の中身を吐き出す事に等しい
そう決められた声 唱えたとしてもさ
届かない声だと知っても構わない音色

閉ざされてくのは夢の中にて
悪魔の弾いてた弓の音
いつも恋い慕う音色には届かない
どうしてさ 僕には聞こえないんだろ
どうしてさ 僕には聴こえない?

作り続ける事を目的としているコラボになります故、月一でアイデアの元としてテーマを掲げております。
テーマから投稿された作品が色々な方々の目に留まり、そこから最終目標のコラボへと通づることが出来れば尚良しです!

楽曲でもよし、動画でもよし、小説、作詞でもよし、イラストでもよし。何でもよし!
とにかく作り続ける事!
身体に無理のないように!

完全思いつきなんで、上手くいくかわからないですが楽しく、そして素敵なオリジナル作品がどんどん増えていければいいなあと思います。

ルールは追々追加していくと思われます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 音色ーOtoiroー/LEN

    by 一つのテーマから、自分の思う作品を作ってみませんか?

オススメ作品10/36

もっと見る

▲TOP