玩具屋カイくんの販売日誌(183) リンちゃん ボディーガード発動!?

投稿日:2013/01/27 17:19:45 | 文字数:1,814文字 | 閲覧数:182 | カテゴリ:小説

ライセンス:

霧雨さん、ミッションに燃えすぎて、お客さんの邪魔にならないといいですね

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「だんだん、お客さんが増えてきたかしら」

ブースの前に出て、テトさんはコヨミ君に言う。

「そうですね。午後になって、出足が良くなったんでしょう」
コヨミ君はうなずいた。

東京ビックサイトで開かれている「雑貨&コミック・フェア」。

会場のホール1とホール2を使って、いろんな出展者が販売用の机やブースを出している。

コヨミ君は、自分が店長を勤める会社の、リサイクルショップ「鑑定団」として、出展した。
ブースには、彼やテトさんが協力して作った人形の「テト・ドール」のグッズが並んでいる。

ドールのデザイナーであり、デザインのモデルでもあるテトさんも、出展者スタッフとして来ていた。

「テト・ドール」の他にも、コヨミ君が「丸谷プロ」とコラボして作った怪獣のフィギュア、「快獣ウルトラ・ぶースカ」も並んでいる。


コヨミくんは言う。
「この会場なら、いろんな出会いがありますよ。テト・ドールの“メジャー・デビュー”のチャンスも、きっとネ!」

このところ、徐々に人気が上昇中の「テト・ドール」の人形。
いまは、コヨミ君たちのショップのチェーン店をはじめ、雑貨店などで扱われている。

このコミックフェアの会場で、新しい取引の出会いがあればいいと、彼らは考えて出展したのだった。


「そういえば、霧雨さんたちも、となりのホールで出展してるんだよね。どうだろう、彼女たちの調子は…」

コヨミ君はつぶやいた。


●個人コーナーで、売れ行き上々…

コヨミ君とテトさんのいるホール1の奥には、いろんな食品や飲み物を売るコーナーがある。

たこるかちゃんたちの移動カフェ「ドナドナ号」も、そこにいた。

その向こうに、ホール2が続く。
ホール2には、デザイナーや同人誌、フィギュア作家などの「個人出展コーナー」が設けられていた。

そこに、霧雨さんと駿河ちゃんの出展しているブースがある。


「ありがとうございますっ」
商品と、お釣りを渡して、元気よく、駿河ちゃんが言った。

「売れ行き、結構イイねえ」
霧雨さんが、椅子に座って嬉しそうにうなずく。

2人の目の前には、デザイナーの霧雨さんが描いた“ちょっと不思議な”感じのイラスト原画が並んでいる。
メルヘン調のものから、魔術っぽいマジカルなタッチのものまで、いろいろだ。

男女、年齢を問わず、結構、来場者に好評のようだ。


「あ、リンちゃん!」
机の前に立って、会場を眺めていた駿河ちゃんは、声を上げた。

向こうから、2人のブースを目指して、リンちゃんがやってきた。


●心シテ、ヤロウゼ!

「こんにちは。お疲れ様です~」
「いらっしゃいませ!」
笑顔で2人は迎える。

この間、ライブハウスで演奏したリンちゃんにつきまとった男の子たちを、霧雨さんと駿河ちゃんがうまくやっつけた。
それから、彼女たちは仲良くなったのだ。


「わあ、素敵なイラスト!」
「どうもありがとう」

リンちゃんは、魔女が描かれたイラストを、楽しそうに眺める。
「このポストカード下さい!」
「有難うございまーす」

駿河ちゃんが、いそいそと袋に詰める。すると…

「アリガトウゴザイマース!」
ブースの机に置かれていた、「はっちゅーね」人形が、あいさつした。

「あれれ、はっちゅーねだ」
リンちゃんは、思わず吹き出した。

「うん。今日、リンちゃんがここに遊びに来てくれるって言ってたでしょ?」
 にこやかに、霧雨さんが言う。
「でも、この前みたいなことがあったら、私たちと、この“はっちゅーね”で、ボディガードしてあげるからね!」

お釣りを渡しながら、駿河ちゃんがみんなに目配せして教える。

リンちゃんと霧雨さんは、視線の先を見た。
何人かの男の子がこちらを見ている。

「リンちゃんだ」という声も聞こえた。


「また、リンちゃんのブログのファンかな。この間の“追っかけ君”じゃ、ないみたいだけどね」
霧雨さんは腕を組む。

「リンちゃん、人気があるからなあ」
駿河ちゃんもニヤっと笑った。

「大丈夫よ。何かあっても、私たちがいるからサ」

霧雨さんの言葉に続いて、「はっちゅーね」が大声で言った。
「オウ!心シテ、ヤロウゼ!」


リンちゃんは思った。

「ありがたいけど、なんか、自分のイラストの商売より、男の子対策に、もえちゃってるなあ」`s(・'・;)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは~♪

    今回はイベントの光景ですね。いや~売られている商品や協賛している企業の名前が、もうピンと来るものばかりで参りました。円○プロとか、ブー○カとか。リサイクルショップの名前も、某火曜日の”いい仕事ですね~”の番組名からかも。

    それとコミケとかのイベントって、とにかくそういう”カオス”な状態に”シビレる! あこがれるぅ!”な人たちが集まるので、人によっては酔ってしまったり、俄然元気になったりと、いろいろですが、私は素敵なイベントだと思ってます。なにより、個人が企業ブースとともに、たくさんのお客さんの前で、世に作品を出せる大事な機会ですからね。

    さて、リンちゃんのボディガード(リンちゃん防衛隊?)は着々と団結力を固めているようですね。素晴らしいことです。リンちゃんは可愛い!

    次回も楽しみにしております! ではでは~♪

    P.S 寒い日が続いております。ご自愛くださいませ。

    2013/01/27 21:23:36 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、メッセージありがとうございます

    >円○プロとか、ブー○カとか。リサイクルショップの名前も、某火曜日の”いい仕事ですね?”の番組名からかも。

    半分正解です!プロ名やキャラ名はご明察。ショップは、実は実際にそういうチェーンが地元界隈にあるんですよ。それをモデルにしています。ちなみにミクさん関連やと東方関連のグッズが豊富です(笑)

    >なにより、個人が企業ブースとともに、たくさんのお客さんの前で、世に作品を出せる大事な機会ですからね。

    ほんとですね。個人で作品を発信できるシステムがある社会、なかなか今は恵まれてますよねー。

    >さて、リンちゃんのボディガード(リンちゃん防衛隊?)は着々と団結力を固めているようですね。素晴らしいことです。リンちゃんは可愛い!

    確かに!(笑)ツンな感じがあるくせに、どこか守ってあげたい感じもするんですよね。

    感想、有難うございます。また聞かせてください!

    P.S.まだまだ寒いので健康にご留意くださいね。今朝は私の地域はまた雪が降りました...春が待ち遠しいです。

    では、また。

    2013/01/28 22:30:06 tamaonion

もっと見る

▲TOP