「綾糸の恋歌」(応募用)

投稿日:2019/04/21 19:43:35 | 文字数:214文字 | 閲覧数:79 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

綾糸に 絡まって 抜け出せず 虜になった
ならいっそ 嘘 真までも騙してみたい
なぞった指を あなたに預けては
此方に寄り添う肩に 抱かれたい

言いなりの 咎ならば
薄霧のなかに消えていく
垣間見えた心の奥底まで

重ねた唇が痛くて
泣きそうになるのを堪えては
あなたの瞳に恋をする
絶えず流れていく川のように

綾糸が解けた時には
あなたと本当の恋をする
嘘も真も越えた先で
あなたと一緒に微笑んでいたい

月の浮かぶ夜に

作詞が得意です。最近はラノベ小説書いてます。いいの書ければいいな。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP