秘密結社・きのこ研究所 第9話 「決戦! きのこ研究所 第5部 救出編」の巻

投稿日:2010/03/02 17:08:10 | 文字数:2,103文字 | 閲覧数:301 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

☆オリジナル作品である、「秘密結社・きのこ研究所」の第9話です。

☆今回は最終メカ戦です。でも戦うというより、リン達ががくぽ達の所に移動するための戦闘といった感じでした。

☆この話と最終話だけ、VOCALOIDの特徴である“歌”がテーマとして出てきます。今回は、実際に歌詞を作った元気が出る歌を使った、防御システムでした。でも、それだけでは・・・・???

☆乗り込む所はかなり強引でしたが、ご了承下さいませ。

今回も相変わらずの連続物なので、下記の前の話も是非ご覧下さいませ。

主題歌・歌詞:http://piapro.jp/content/9lafg55pxiftexuk
第1話:http://piapro.jp/content/7cofawctvokdxk3z
第2話:http://piapro.jp/content/6jrtli2bm7rlcz4q
第3話:http://piapro.jp/content/oraeqp7gqdobpfp9
第4話:http://piapro.jp/content/rs5niffrlzonxuux
第5話:http://piapro.jp/content/ol45w8yr0pwhat0a
第6話:http://piapro.jp/content/mb7gmy45txgov2ak
第7話:http://piapro.jp/content/h8kw86v43woxmjpc
第8話:http://piapro.jp/content/dobs2qi81z8o7gc8

挿入歌「マケナイココロ」・歌詞:http://piapro.jp/content/jzs93eohg04396hd

人物・物品相関図:http://piapro.jp/content/kj9413uc9zi17pb1

hata_hata様が描いて下さいましたイメージイラストです。
「却下します!」:http://piapro.jp/content/oqe6g94mutfez8ct

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

第9話 「決戦! きのこ研究所 第5部 救出編」の巻

超巨大な女性型ロボット:ごごごごごごごごごご・・・・

MEIKO会長:LOLA!、向こうのメカにいる生体反応を検索して!
LOLA:Ready・・・・・・3体です!。女性2体、男性1体。残念ながら人物の特定は出来ません。
MEIKO会長:男性1体が“がくぽ”、女性1体が“プリマ医師”なのは確実だけど・・・
SWEET・ANN:問題は残った女性1体よね・・・

超巨大な女性型ロボットからのがくぽの声:きのこ研究所所員!、LEON!、そしてSWEET・ANNに告ぐ!!。どうやってもこちら側には攻撃出来ないのは、既にわかっているはずだ!。

SWEET・ANN:なんでこちら側に私たちがいるのがわかった!?
がくぽの声:こちら側には最強ユニットのプリマ、そして最強の制御ユニット“ルカ”がいるのだぞ?、それくらいの探知能力、標準装備なのだよ!!、は!は!は!。ついでに言うが、攻撃能力で勝負しようとするのはやめた方がいいぞ!?、制御ユニットの巡音ルカをモチーフに作った、この最終破壊兵器“L.U.K.A.”(Last and Ultimate Killing Attack force)は、地球の破壊目的で作った兵器。貴様らの酒瓶戦艦など、相手にもならんわ!。

MEIKO会長:・・・・私たちはその兵器を破壊する気は最初から無いわ。私たちはそこからあなた達を“救う”ためにこの戦艦で挑んでいるの。救う対象はプリマ医師だけじゃないわ。その制御ユニットになっているっていう“LUKA”さん、そして、がくぽ、あなたもなの。
がくぽ:?、なにを言っているか、意味がわからんな。

MEIKO会長:これから意味がわかるようにしてあげるわ!。LOLA!、暴火炉鋳呑、最終形態への変形、承認するわ!。
LOLA:承認確認完了。これより暴火炉鋳呑、最終形態へ変形します。ファーストフェイズ“巨大化”へ移行。

その言葉の後、戦艦のコクピット以外の部分の全てがやけに大きくなっていった。そう、暴火炉鋳呑その物が巨大化していたのだ!。

レン:うわー、物理法則無視なんだよーん。
ミク:ついでに“質量保存の法則”も無視している ミクミク。
リン:まぁ、私たちも巨大化しているわけじゃないから、まだいいけどね・・・・。

向こうのLUKAと同じ位に成ったところで巨大化は止まった。

LOLA:セカンドフェイズ“人型変形”へ移行。終了後、本艦を最終形態“ヴォーカロン”と呼称します。

次に、戦艦がかなり無理のある変形を繰り返し、巨大な人型ロボットに変形した!

レン:うっわー、かなりアウアウに近い設定なんだよーん・・・

MEIKO会長:さーて、ヴォーカロンにもなったわね。じゃあ、きのこ研究所の所員は前の暴火炉鋳呑と同じ席について。LEONさんは新しく出来た“フィールド制御装置”の席に。SWEET・ANNさんはプリマ医師の代わりに操舵士の席についてね。
KAITO社長:やっぱりオレは、吊革???
MEIKO会長:そう、吊革じゃないとだめ。
KAITO社長:かいとーん

各自、担当の席についた。が、今度はリンレンの所だけではなく、ミクとMEIKO会長とKAITO社長の席にもマイクが装備されていた。

MEIKO会長:知ってのとおり、ここには“武器”はないわ。でも防御装置はあるの。それが、私たち“VOCALOID”にしか出来ないことなの。
リン:・・・歌う事ですね。
MEIKO会長:ご名答!。LEONさんはその“歌のフィールド”の展開状態を見ていて下さい。%で表されています。横のレバーで展開量を変化できます。出来るだけ相手の攻撃が当たりそうになった時に、ピンポイントでフィールドを展開してくださいね。SWEET・ANNさんは、操舵に集中していて下さい。プリマ医師のご友人との事なので、あなたの腕を信頼してます。
LEON:了解!。
SWEET・ANN:わかったわ。

MEIKO会長:それと私たち日本語VOCALOIDが歌う曲は、目の前にあるスコアの曲よ。曲名は「マケナイココロ」。歌の力に応じて歌フィールドの展開状態が変わるから、真剣に歌ってね。

SWEET・ANN:ところでロボットを動かすっていっても、どこに向かって操縦すれば・・・。
MEIKO会長:あのロボットの懐に突っ込んで、腕で羽交い締めにして。こちら側のある程度の破損はかまわないわ。
SWEET・ANN:つまり、コックピットに乗り移る・・・と。
MEIKO会長:そう。直接あの3人のいるところに乗り込むわ。そうそう、乗り込むメンツは私、KAITO社長、LEON、SWEET・ANNとミクさんの5名、リンちゃんとレン君はヴォーカロンで待機していて。最後のシメで、あなた達だけしか出来ないことを指示します。
リン:わかりました
レン:僕たちだけしか出来ないことなんて、格好いいんだよーん

MEIKO会長:じゃあ、行くわよ!!!!

がくぽ:かかってこい!、返り討ちにしてくれるわ!!!

更新は相変わらずゆっくり目ですが、安定してきました。

基本、テキストでのボカロ小説で活動してます。今は、

『Dear My Friends! 2期』
(最近は"ディアフレ!"って略記することが多いです)

を連載投稿してます。

たまにイラストも投稿してます。

コンテンツの利用に関しましては、事前事後問わず、コメントにてお願いしますね。

投稿告知などは、twitterでやってます。

もっと見る

作品へのコメント6

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    nai☆様、こんにちは~!。

    > “L.U.K.A.”の略前の綴り

    直訳すると、”最終最強の破壊攻撃兵器”って感じです。これはL,U,K,A,の4つの文字とイメージで入れたい意味をクロスして辞書を調べまくりました。動詞、名詞、ing系、色々混ぜて意味を繋げましたが、それでも英語的に間違っているかもです。某北海道のソフトメーカー様に怒られそう・・・

    > 一方のがくぽは律儀に一通りの準備が済むまで待っている。悪役の余裕は定番ですね

    はい、スーパー戦隊物の定番です!。そうしないとシナリオが進まないので・・。LUKAにはルカさんとプリマさんが乗っているのに、こういう所はちゃんと守ってくれて良かったです

    > 戦闘シーンの幕開け…(^_^;)

    有り難う御座います!。この小説名物の”ギャップがあるけど、やっていることはまじめ”ってヤツです。全部ネットから得ていたルカさんの持ち物やペットの情報から取りました。さすがに大間産マグロその物をミサイルにしているのではないので、それ型ってことで・・・

    > しかし、研究所のぽーかろんは化け物か!www

    バケモノです~。でもヴォーカロンの姿は、他の絵師様が作られたMEIKOのアイドル時代”咲音メイコ”のはちゅね版である”しゃきねめ~こ”だったりします。(この戦艦、MEIKO会長が設計したから・・・)。バケモノだけど、姿は可愛いのです~。

    > ミクノネギー粒子

    (^o^)/ そう!、レーダーによる電子戦闘ではないのです!。ってかロボット戦闘でないと”緊迫感”が出ないので・・・。

    > 次は…って! ぅおっ!? もう上がってる!?

    あ、最終話関係は、昨日の深夜に上げたので、まとめてのコメントになってしまいましたね。すまんです。出来上がって添削して完成したのが真夜中だったので、上げちゃいました~。

    ご閲覧、コメント、有り難う御座います!

    2009/02/07 12:45:34 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    nonta様、こんにちは!。最終話関連アップの後で恐縮です~

    > バトル、カッコイイですね

    有り難う御座います!。とにかくこれが最後のメカ戦ですから、かっこよさと緊迫感(LUKAの武器はともかくとして)中心にやってみました!。でも、超時空な戦艦(ピンポイントなんたら)とか聖書がモデルの巨大ロボット物(なんたらフィールド)とかを参考にしました

    > 暴火炉鋳呑の性能も凄いです・・・乗員の力次第、それも歌による~というのがまた良かったです

    VOCALOIDが乗っている事を最後で使いたかったので、原点回帰しました。歌はなんでも出来ると思っているので。これまであんまり”歌”がメインの所が無かったので、ネタをフルに使えて、ここは書いていて楽しかったです

    > ここまで読ませていただいて・・・

    もったいないお言葉!、本当に有り難う御座います!。自分が作った作品は自分では評価できないので、本当に嬉しいです!。では最終話関連で、また。

    ご閲覧、コメント、有り難う御座います!。

    2009/02/07 12:29:36 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    hata_hata様、こんにちは~!。最終話をアップしてからのレス、すみませんです!。

    > 燃えましたよー!

    有り難う御座います!。メカ戦、特にラスメカ戦であり、こちら側は攻撃しない状態だったので、緊迫感と熱血と某マ○ロスみたいにやってみました!。こういう所は書きやすいというか・・・

    > 防御に徹するところが良いです

    よほど必要な状況にならない限り、”非暴力”、にしよう、って事でこっちのメカは武器無しにしました。でもそれでは一方的に負けてしまうので、”防御”手段を作りました。まぁやっぱり超巨大な戦艦ネタに近いんですが・・・

    > 相手の怪人をフルボッコにしてきましたが、“歌”とは別という事でwww

    まぁ生身戦ではいかんともしがたいので・・・・それに怪人の命を直接奪うことはしていないので・・・ご勘弁を・・

    > ヴォーカロンの理不尽な変形システム

    これは貴方の仰るとおり、小説でしか巧く逃げられない所ですね。酒瓶がロボットってのは、かなりキツイので・・・。

    > モーフィングという手

    某ター○ネーター2の液体金属な方みたいになると思いますが、中にMEIKO会長達がいるので、”変形”に徹しました~。しかし、巨大化はやっぱり無理があったかも。実は、銀○旋風ブラ○ガーってアニメの主役メカは、”ブラ○シンクロン”システム(独自の法則)で、普通に巨大化してしまうので、それもまたよし、ということで

    > レンの「うわー、物理法則無視なんだよーん」には笑いましたw

    このメカ、巨大化も変形も、カンペキに”物理と化学”(ついでに航空力学)を無視してますwww。それはもう熱血ロボットアニメのお約束ということで・・・・

    > ところでヴォーカロンの姿

    これは個人宛メッセージにて詳細に書かせて頂きましたので、そちらを御参照下さいませ~

    > LUKAの武器

    これは∞ソード以外、全て、ネットで語られている”ルカさんの持ち物等”からネタを取りました。大間産マグロにたこルカ・・・・。緊迫した戦闘のはずなのに・・・・・・

    > 頑張って下さいね

    有り難う御座います!。おかげさまで、最終話とエンディング曲歌詞をアップして、一応一区切りを付けることが出来ました!。お楽しみに!。

    ご閲覧、コメント、有り難う御座います!

    2009/02/07 12:21:20 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    “L.U.K.A.”の略前の綴りってw 本当に最後の最後、超究極兵器って感じでw 札幌の某メーカーも知らなかった裏コードネームがあったンですね。
    てきぱきと指示するMEIKO会長、一方のがくぽは律儀に一通りの準備が済むまで待っている。悪役の余裕は定番ですね。きっとお茶でも飲みながら待っていたのでしょう。
    って! 戦闘シーンの幕開け…(^_^;) マグロ型みさいるって…しかも大間産w
    そして、たこ壺にはまったタコ型爆雷w、それも、…ルカっぽいってwww
    なんという、気が抜けるようなハラハラドキドキ感! 絶妙っす!
    しかし、研究所のぽーかろんは化け物か!www

    ところで、なぜロボット戦か? それはミクノネギー粒子がレーダー波を撹乱するためですね。わかります←

    次は…って! ぅおっ!? もう上がってる!?

    2009/02/07 06:03:38 From  nai☆

もっとみる(6)

もっと見る

▲TOP