【曲募集中】氷の華

投稿日:2018/10/27 13:53:45 | 文字数:508文字 | 閲覧数:87 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

残したい箇所を指定頂いてのリライトやテーマ変更、構成やメロに合わせての調整も承ります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この手の中に 積もりゆく氷の華
微かな音で あなたへの想いごと凍らせて

白く凍り付く風 とめどなく落ちる雪 あなたは何処?
何も見えない場所で 雪は全て隠して
あなたがあの日くれた 言葉が薄れていく 私はまだ
時を止めた世界に 白い影を見つめて

触れた先から 溶けてゆく 氷の華
あなたの声も 温もりも 忘れたくないのに
ひらり落ちてく 結晶は 空の涙
永遠(とわ)に消えない 雪の中 この胸を凍らせて

呼吸を数えながら 冷えた唇で呼ぶ あなたの名は
遠く吹き過ぎてゆく 風に 掠れて消えて
かじかむ指で辿る 記憶を覆うように 雪は落ちて
空に白くきらめく光だけを宿して

この手の中に 積もりゆく氷の華
微かな音で あなたへの想いを凍らせて
温度失う この胸に残る花を
いつかあなたに 届くように氷へと閉じ込めて

あなたがくれた温もりが 消える前に
私の声も 感情も 雪の下眠らせて

この手の中に 積もりゆく氷の華
微かな音で あなたへの想いを凍らせて
温度失う この胸に残る花を
いつかあなたに 届くように氷へと閉じ込めて

ひらり落ちてく 結晶は 誰の涙?
空に薄れる 声でまだ あなたの名だけ呼んで

歌詞提供楽曲の公開マイリス⇒http://www.nicovideo.jp/mylist/22196729
ネタメインの自作曲マイリス⇒http://www.nicovideo.jp/mylist/23436480


↓メールアドレス↓※□を@に変えてください。
redmoon9312□yahoo.co.jp


たぐい

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP