赤い便箋

投稿日:2013/08/15 10:39:57 | 文字数:463文字 | 閲覧数:307 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

編集前に平仮名表記あります。

文字を透かせば君がいる

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A】
夕焼けに透かし込むのは
声の無い僕の言葉だ

朝焼けを映し出すのは
味の無い君の心だ きっと

【B】
咲いて裂いた 君が笑う
泣いてないと 僕は哂う
空を仰ぐ 雲は向かう
君を連れて 明日へ向かう

【S】
拝啓 遠くから君の音がするよ
何度も綴られた文字を溶かしながら
いつかはこんな日も悪くないもんだと
心から そう心から 思ってたいね 

【A】
夕焼けの赤い眩しさ
目を細め覗きこむけど

朝焼けの紫色が
少しだけ 恋しくなってさ そっと

【B】
指の先に 触れた温度
君と僕の 秘密だけど
淡く溶けて 消えてくんだ
僕を連れて くれやしない

【S】
拝啓 本当は寂しさばかりだよ
何度も書き直す嘘だらけの言葉
会いたい 会いたいな 泣いてしまうけれど
明日には うん明日には 乾けばいいな

【D】
春暖の候 青葉の候 秋雨の候 初冬の候 
君へ 君へ 君へ

【S】
拝啓 遠くから君の音がするよ
何度も綴られた文字を溶かしながら
たまにはこんな日も悪くないもんだと
心から そう心から 思っているよ

これまでの宝物リスト→http://www.nicovideo.jp/mylist/33793672

詞を書くことが大好きです。
曲は随時募集中です!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP