<応募用> STRANGE -奇妙-

投稿日:2010/10/10 21:36:16 | 文字数:1,219文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

<応募用> 
  STRANGE -奇妙-

【高速】
僕がみたのは 奇妙な夢
君に話してみてもいいけれど
ほんとか嘘か 変な夢だよ
忘れたいのに忘れられないよ
明け方にみた 奇妙な夢
胸が騒いで落ちつかないんだ
僕がみたのさ 奇妙な夢
とてもとても変な夢だったよ

【Aメロ】
街は黒い タールかぶり
歪んで 融けていたんだ
それはまるで
燃えちまった
プラスチックの塊のよう

空は青く 晴れわたり
とても静か 誰もいない
吐息ひとつ
気配もなく
黒いオブジェ広がっている

気付けば暗い 部屋のまんなか
しめった土の 匂いする部屋
狭苦しく 回りは棚
分厚い本 並んでいた

気付けば何故か 床を両手で
掘っていたんだ 力いっぱい
軽く掘れて さらさらでさ
まるでなにか 埋めたばっかり

【サビ】
掘り出したのは
研かれたような 人骨
白くてきれいで 次から次へと
土のなかから 出てくるんだ

この手で僕が
土から掘り出した 骸さ
きれいに並んで 埋められていたよ
床一面 ぎっしりとね

目が覚めても
忘れるなんて無理 だったのさ
この手に感じた 乾いた感触
まるでリアルを 感じさせて

電話の君
黙ったままだね どうした?
いつかみた夢 明け方にみた
あの奇妙な 奇妙な夢

   *  *  *

【高速】
ぼくがみたのは きみょうなゆめ
きみにはなしてみてもいいけれど
ほんとかうそか へんなゆめだよ
わすれたいのにわすれられないよ
あけがたにみた きみょうなゆめ
むねがさわいでおちつかないんだ
ぼくがみたのさ きみょうなゆめ
とてもとてもへんなゆめだったよ

【Aメロ】
まちはくろい たーるかぶり
ゆがんで とけていたんだ
それはまるで
もえちまった
ぷらすちっくのかたまりのよう

そらはあおく はれわたり
とてもしずか だれもいない
といきひとつ
けはいもなく
くろいおぶじぇひろがっている

きづけばくらい へやのまんなか
しめったつちの においするへや
せまくるしく まわりはたな
ぶあついほん ならんでいた

きづけばなぜか ゆかをりょうてで
ほっていたんだ ちからいっぱい
かるくほれて さらさらでさ
まるでなにか うめたばっかり

【サビ】
ほりだしたのは
みがかれたような じんこつ
しろくてきれいで つぎからつぎへと
つちのなかから でてくるんだ

このてでぼくが
つちからほりだしたむくろさ
きれいにならんで うめられていたよ
ゆかいちめん ぎっしりとね

めがさめても
わすれるなんてむり だったのさ
このてにかんじた かわいたかんしょく
まるでりあるを かんじさせて

でんわのきみ
だまったままだね どうした?
いつかみたゆめ あけがたにみた
あのきみょうな きみょうなゆめ

   *  *  *

こんな曲がもう作れるなんてすごいですね。
不安定な感情を引き出す音に触発されました。

歌詞と動画作成を主にやってます。
関わった作品はコチラ。
http://www.nicovideo.jp/mylist/23003007
イラストは必要に応じて。
ニーズありましたら声をお掛けください。
ただし実生活が多忙な為お受けできるかは状況によります。
その際はご容赦くださいまし。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP