DollsGame-63.ミルトニア-

投稿日:2010/08/08 07:19:53 | 文字数:1,021文字 | 閲覧数:109 | カテゴリ:小説

ライセンス:

涙を止めて

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

密さんは押し黙ったまま何も言わなかった。どうして黙ってるの?嘘だって…冗談だって言って…今直ぐ言って!お願い…お願いだから…!

「密さ…!」
「すまない…。」

搾り出す様な声だった。

「嘘…嘘…ですよね?…何かの冗談…ですよね?」
「浬音…話を…!」
「私の…私の家族…なんですよ?酷い事したかも知れないけど…偽りかも知れない
 けど…私には…私にはたった一つの家族なんですよ?ねぇ…?密さん…!!」
「家族なんかじゃ無かったじゃないか!三人共浬音の事を家族だなんて思って居や
 しなかったんだぞ?!」
「密!」
「…あっ…。」

全身からサーッと温度が消えて行った。目の前が涙で滲んで、瞬きすら出来ずに頬を生暖かい何かが伝い落ちた。頭が殴られた様に痛くて手足の感覚が無かった。

「浬音!」

どうしたら良いのかも判らなくて、弾かれる様にその場から逃げ出した。ロビーも入り口も振り切って、いつの間にか雨が降っていた外へ飛び出していた。冷たい雨が針みたいに突き刺さった。痛みは無い…感覚も無い…だけど…だけど!

「…っく…!うっ…ふぇっ…!んっ…!」

声を必死で飲み込んで泣き続けた。雨なのか涙なのかも区別が付かなくて、立ってられなくて、気付けばその場にへたり込んでいた。ずっとずっと涙が止まらなかった。私にはもう帰る場所は無い…家族も…最初から居ない…私は…一人ぼっちなんだ…。

「おい、誰だ?何してる?」
「…………………………。」
「朝吹浬音…?おい、どうした?!」
「…………………………。」
「こんな雨ん中何やって…ずぶ濡れだぞ?!密さんは?!」
「密…さん…?」
「一緒じゃないのか?兎に角戻ろう、密さん絶対心配してるぞ?ほら…。」
「や…嫌…!嫌!嫌ぁっ!!」
「痛っ…!おい…?!落ち着け!」

両手を掴まれて引き寄せられた。そのまま痛い程強く手を握り締められ振り解けない。

「どうした…?何があった?」
「…嫌…もう…嫌…!」

消えて無くなりたかった。前にそう思った時は密さんが止めてくれた、助けてくれた。あの大きな優しい手で守ってくれた。だけど…密さんは私から家族を奪おうとしてる…そして私の家族を否定した…一人だって事を、寂しいって事を思い知らされた…。判らない…判らないよ…私どうしたら良いの…?恐いよ…一人ぼっちは嫌…!

「一人にしないで…。」

掴まれていた手が解かれると同時に抱き締められた。

アトリ ヌエと読みます

御用の方はお手数ですがtwitter側への連絡をお願いします

イラスト使用の際は明らかに悪意のある(誰かの中傷、原形を留めない位グチャグチャ等)、又は法に触れる内容で無ければ加工、反転御自由に、事後で構いませんので報告戴けると喜んで見に行きます

ニコニコ動画では『AsrAn』と名乗ってます
↓↓作った物マイリスト↓↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/22780099

ついった
https://twitter.com/AtoriNuE

参考として

ドールのアトリエ
http://doll-a.net/
3Dポーズ集
http://3dpose.blog93.fc2.com/
Devianart
http://www.deviantart.com/
写真素材 足成
http://www.ashinari.com/

から素材をお借りして居ます

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP