硝子の器

投稿日:2016/11/14 22:57:43 | 文字数:538文字 | 閲覧数:132 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

どんな出会いだったのなら
違っていたのだろうか
今でも思う
お揃いにした
グラス越しには
ひび割れた景色が映る

はじめから間違っていたとは思わないよ
信じきれなかっただけで

最初の頃とても怖かったよ
真っ直ぐな瞳(め)が
見透かすようで
見せ掛けだけで
ひび割れている
グラスのようなこの心

はじめから分かってた信じるべきだったのは
運命なんかじゃなくて

ただあなたどこまでも信じぬいていくこと
それだけで良かったのに

この透き通る硝子の器
壊したのは私なのに
どうしてあなたはこんな私
責め立てようとはしないのだろう

硝子の破片を拾っている
私の頬を流れる涙
傷ついた指のせいなのだろうか
せめてあなたの為だったなら良いのに…

言葉とか態度で
あなた愛を注いだ

満たされなかったのは
心という器割れてたから

溢れ出す涙の色は
透き通ってるこんな私でも
あなたの優しさに怯え続け
踏み躙った硝子と同じ色

この透き通った硝子の器
壊したのは私なのに
どうしてあなたはこんな私
責め立てようとはしないのだろう

硝子の破片を拾っている
私の頬を流れる涙
傷ついた指のせいなのだろうか
せめてあなたの為だったなら良いのに…

これだけは

せめてあなたの為なら…

作詞してます。
情景が浮かぶ事、分かりやすい事、絵コンテしやすい事等を気をつけています。
音楽素養が無いので作曲は脳内でしかできていません。
選考に漏れたり余っている歌詞に曲をつけてくれる方がいたら嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP