生命に祈る歌(仮題)

投稿日:2015/07/02 21:39:41 | 文字数:825文字 | 閲覧数:214 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

sunonさんの曲http://piapro.jp/t/cDgy


行く川の流れは絶えずして、は有名な一節だと思います。

ボーカロイドは、現状唯一、生命全てを弔う歌を歌える存在だと思うのです。
人間は何時か死にますが、彼等、彼女等は不死の存在です。
これまで人間が、自分の寿命を棚に上げて歌うしかなかった全ての歌を、
ボーカロイドは全く自然に歌う事が出来る存在だと、そう思うのです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

遠く聞こえた脈打つ胸 抱くように
指に掬った 清き川の流れ

咲くと見し間に 掻き消えて
また目覚めを待つ 空蝉の
夢と現に 空を恋い
鳴く如くに 詠う

絶ゆまず巡りて廻る鼓動よ
何時か光を掴む生命よ
せめてひと時 安らぎを
眠れ この川に


遠きわたつみ 沈む月のけぶるように
目を曇らせた 涙 川に落ちる

咲くと見し間に 枯れ果てて
また眠りにつく 空蝉の
夢か現か ただ一夜
鳴く如くに 詠う

絶ゆまず時を奏でる鼓動よ
何時か生まれて還る命よ
夢の終わりの 安らぎを
やがて この川に


ただ 風の前に 散りてゆく定命を
恋ふれども 川は絶えずに流れて


絶ゆまず巡りて廻る鼓動よ
何時か光に還る全てよ
せめてひと時 安らぎを
歌に込めて 祈りを

あたたかな生命よ
美しき生命よ
今はひと時 安らぎを
眠れ この川に





・よみ

とおくきこえたみゃくうつむね だくように
ゆびにすくった きよきかわのながれ

さくとみしまに かききえて
まためざめをまつ うつせみの
ゆめとうつつに そらをこい
なくごとくに うたう

たゆまずめぐりてまわるこどうよ
いつかひかりをつかむいのちよ
せめてひととき やすらぎを
ねむれ このかわに


とおきわたつみ しずむつきのけぶるように
めをくもらせた なみだ かわにおちる

さくとみしまに かれはてて
またねむりにつく うつせみの
ゆめかうつつか ただいちや
なくごとくに うたう

たゆまずときをかなでるこどうよ
いつかうまれてかえるいのちよ
ゆめのおわりの やすらぎを
やがて このかわに


ただ かぜのまえに ちりてゆくさだめを
こうれども かわはたえずにながれて


たゆまずめぐりてまわるこどうよ
いつかひかりにかえるすべてよ
せめてひととき やすらぎを
うたにこめて いのりを

あたたかないのちよ
うつくしきいのちよ
いまはひととき やすらぎを
ねむれ このかわに

カァ。
バスドラどがどがギターぎゃんぎゃんベースべごべごな喧し賑やかな曲に歌詞を付けたい魔界の志願兵です。依頼ください。

普段はもそもそと小説などを。
募集以外の歌詞は割とフリーダムにストックなガレージでいえーい。

http://www.nicovideo.jp/mylist/48080980

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP