Adventurers:02/Salamander

投稿日:2010/05/22 23:44:22 | 文字数:204文字 | 閲覧数:45 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「冒険者」を思い浮かべて描きました。
己の全てを賭け、今を燃えるように生き抜く冒険者の歌。
夜明けの一筋の光が想起できたなら幸いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

誰が為に剣を執り 何が為に道を征く
口には出さぬ答えは 燃え盛る炎の中

遠き明日はまだ見えず 過ぎし昨日は夜の果て
胸にくすぶる火種は 何も照らす事は無く

旅立ちの日の記憶は 面影さえも薄れて
僕が旅路の果て、ここに いる理由忘れていくけど

胸の奥残る夢の欠片 掲げればきらめいて
迫る闇を赤く裂いて 消えかけた影映す

たとえその火がいずれ僕を 灰に還すとしても
その光道を照らす限り 前に走り続ける

普段は方々のコミュニティサイトを徘徊している消費型人間です。
音感も打ち込みの技術も無い見専聴専ではありますが、
詞に曲を付けて頂いたとき、心を撃ち抜かれた気分になりました。

嬉しくて言葉に出来ない、そして何かに目覚めそう。
創作の輪が繋がるって素晴らしいことだと思います。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP