「淡水魚」

投稿日:2019/08/16 21:44:41 | 文字数:459文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

初めて歌詞作るのに何日もかけた…

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

そんなに人生は甘くない
そんなこと分かってるって
今は小さな光だけど
いつか大きな太陽になってやる

A
平凡な生活 順調に大学を卒業しました
新しい世界に期待していた訳じゃないけど
それなりに楽しみにはしていたんだ
ネクタイを緩める仕草が習慣になったけど

B
泥水に溺れた淡水魚
光も見えなくなっていく
いつか綺麗な空を見れるように
もがき続けるよ

サビ
浮かれてた自分が恥ずかしくて
差し出される手にいつも甘えてた
自分の足で進み出せるように
必死にまとわりつく水をかき分ける

A
いつもの日常 変わらぬ君との関係性
穏やかな世界にいつも安堵していたんだ
いつも君は僕を観察している
ちょっとした事でもすぐに気付いてくれたね

B
がんじ絡めのマリオネット
指先までもが動かない
いつか自分で舞えるように
糸を切り続けるよ

サビ
気付いた時には涙が止まらなくて
赤くなる顔を思わず隠した
「大丈夫。もう1人じゃないから」
恥ずかしい、こんな姿を見ないで

辛いけど必死に生きてます
だから隣で笑って下さい

自由に創作してます。神出鬼没。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP