十二単

投稿日:2011/12/07 22:39:12 | 文字数:559文字 | 閲覧数:186 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

源氏の君の訪れを苛立ちながら
待ち焦がれる女性をイメージして書いてみました(*^_^*)


ボカロはルカさん以外でも構いません。
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

見栄の重ね着 十二単(じゅうにひとえ)
修羅の錦糸(きんし) 袖通し
待ちわびる君の姿は 蜃気楼
月の明かりで紅さして 君の足音耳澄ませ
今宵も独り 蚊帳の中


雲に隠れる月さえも 君を奪う恋敵(こいがたき)
奏でる琴も 荒れ狂い
夜叉の音(ね)となり 渦を巻く



張り裂けるこの想い 歌にしたためて
一文字ごと 一墨ごと 命の炎削るが如く
苦しくて 苦しくて 衣(きぬ)引き裂いて
並ぶ枕を 抱き締める



嫉妬の重ね着 十二単
煉獄の衣 袖通し
待たされる君の仕打ちは 生き地獄
星の光りで髪すいて 君の足音耳澄ませ
今宵も独り 蚊帳の中



雨に打たれる花さえも 君を奪う恋敵
雅楽の旋律 舞乱れ
夜叉の面(おもて)で 弧を描く



張り裂けるこの想い 文(ふみ)にしたためて 
一文字ごと 一墨ごと 嫉妬の炎祓うが如く
恋しくて 恋しくて 衣引き裂いて
並ぶ枕を 抱き締める

張り裂けるこの想い 歌にしたためて
一文字ごと 一墨ごと 命の炎祓うが如く
苦しくて 苦しくて 衣引き裂いて
並ぶ枕を 抱き締める




(セリフ)出来ぬ苛立ち 何処(いずこ)で晴らそう
        変えれぬ心の更衣(ころもがえ)

        床寝に残る君の香(か)を
        留める術の無きに悲しむ

ボカロとホラー映画が大好きです!!

まだまだ初心者ですが、下手の横好きで歌詞を書いています^^
和風、民俗学、犯罪心理学、ゲームなども好きで多趣味です(*^^*)

いつか平沢進さんのような歌詞が書けたらいいなぁ(O_o)WAO!!!

作曲家様、絵師様、募集しております(o^^o)
練習用としてでも構いませんので、私の歌詞で
遊んで貰えると嬉しいです\(^O^)/

アイコンは宵凪さんに描いて頂きました~O(≧▽≦)O

気軽に声掛けて貰えると嬉しいです(*^^*)

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    くぅぅぅ…!
    とことんブラックダリアさんと趣味がかぶる!!(>_<)
    源氏の君とか十二単とかドストライク!
    情景が浮かぶような日本語の使い方も凄く綺麗で好きです。(告白)

    2011/12/14 18:09:35 From  K。

  • userIcon

    メッセージのお返し

    きゃーーメッセージ有難うございます?(^O^)/
    読んで貰えてとっても嬉しいです!!
    K。さんと趣味が一緒で良かった?(>_<)
    情景が浮かぶって言って貰えて凄く嬉しいです。
    (告白)はとっても励みになります(o^^o)ポッ

    本当に有難うございましたm(_ _)m

    2011/12/14 21:04:38 ブラックダリア

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP