G clef Link フォレスタ・キングダムを目指して2

投稿日:2020/01/15 19:05:37 | 文字数:1,135文字 | 閲覧数:41 | カテゴリ:小説

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

次話
https://piapro.jp/t/DuCO

ルネサンス音楽はモノディとオペラの誕生によって終わり、かわりにバロック音楽が誕生した。
歴史に刻まれる音楽の芸術とは、時代の変化とともに大きく変わる。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 小魚が潜む水面を切りながら、4人を乗せたゴンドラは往く。渡る運河の地上へ左右に建てられた煉瓦の建物が見えてくれば、町の中心地へと到着するのだ。

「グラツィエ モルト、ラガッツァたち。ヴェネトレイツを楽しんでくれ」
ゴンドラ乗りのおじさんが目的地へと降ろしてくれた。

※Grazie molto=ニュアンス的にはサンキューベリーマッチ※

[ランマルコ広場]

 水の都ヴェネトレイツの中心地に位置する地区の名前、それがランマルコ広場である。伝統的な建造物が並ぶ、この広場にはイルヴァルスの観光名所と言われ、ここを訪れる旅人や商人たちが多い。

「すっごいね、みんな。ここの建物や教会を見ていると……」

「ミクちゃんが言いたいこと、あたしにはわかるわよ。ルネッサーンスってイメージが湧くわ」

「2人はいつから、お笑いコンビになったんだよ!」

「ボーイ…ここは確かにルッネサーンスな広場だよ……」

 彼らがこの広場について、ルネッサーンスと言うように此所は芸術家たちの残した遺産がある。また、新たにこの地へ芸術を遺そうとする者たちも存在する。

 この広場に宮殿があり、それを真っ白なキャンパスに描いていく画家の男がいた。画家の男は過去にこの宮殿を建てた建築家へ敬意を払う気持ちを込めて自らの想いをキャンパスに写すのだ。

 ミクは画家がキャンパスへ描く絵に筆を使って鮮やかな色が彩られると、絵に命が吹き込まれたようになったと思った。それはまるで、画家の描くセカイが“魔法の一筆”であると感じ取ることができたのだ。


ミクはランマルコ広場の画家からニュアンスをうけて
必殺技【???】を おぼえた
補助まほう【カラーマジック】を おぼえた


 ランマルコ広場にて新たな【☆必殺技☆】と【まほう】を取得したミクは、仲間たちと共に職業安定所の中へと入っていく。
 目的地であるフォレスタ・キングダムへ向かう前に、フーガの職業変更をしなければならないからだ。

「おはようございます。ここはヴェネトレイツの職業安定所です。おっと、貴方はまだプロフィール登録がまだですね…ならば3番の窓口へ向かってください」

 受付のお姉さんは、ミクたちのパーティーを見てなにをしたいか察してくれた。同時にフーガへ送る視線も『なにやってんの? いい歳した大人が子どもに連れられて!?。まあ…その甘い顔は私の好みよ……』と冷ややかな視線を送っている。

「フーガさん、泣かないでっ!。登録すれば、ちゃんとジョブチェンジできますから!?」

「ああ……勇気づけてくれて、ありがとう…ボーイ……」

 フーガはプロフィールを登録しはじめた。これから職業変更をして無職から脱するために。

スマホ越しに笑ってください
クリエイターさんたちを応援するために来ました

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP