【応援歌】三月の風【小説化】

投稿日:2011/04/08 00:52:03 | 文字数:3,663文字 | 閲覧数:300 | カテゴリ:小説

ライセンス:

おかあさんはグミでボクっ娘!!

どうしようかと迷ったけれども、私の中ではこの物語を思いついたとき、心の支えが出来た気がしたので、応援歌として上げることにしました。

かなしい話は心に寄り添い、楽しい話は行く道を照らすことを、信じて。

ちなみに、お母さんの一人称「ボク」は、彼女の心の中だけです。娘には言いません。
……けっこう、いるんじゃないかな。心の中で、『ボク』な人。

ニュースや歌や、身近な人や自分の経験、いろんなところから、発想を頂きました。
カクテル式二次創作です。

歌詞引用 RUHIA様「三月の風」
http://piapro.jp/t/QjM-

普通の恋の歌なのに、曲解してしまいました。
桜の風吹くおだやかな未来が早く訪れますように。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【応援歌】三月の風【小説化】



「僕達はいいんだ!赤ちゃんとお母さんを助けて!」


……あれから15年たった今、キミの声だけが、今も耳に残っている。



「三月の風」



 あの日、波濤がボクらの町を襲った。
 ボクは、つい三日前に、出産を終えたばかりだった。
 小さなこどもを生んだボクに、医師は告げた。
「三日以内に名前をつけてあげてくださいね」
 通常は、二週間以内に決めることになっている。
 極端に短い期間をつげられたこと。その意味することは、明白だった。

 ……ボクの腕の中で、牛乳パックよりも軽い赤ん坊が壊れ物のように泣いていた。
 涙が、止まらなかった。

 三日目のこの日、ボクは定時に赤ん坊を抱きにきた。その時、まるで自分が揺れているように、世界が揺れた。いつ終わるともしれず、パニックになりかけたところで、激しい声と音が耳を打った。

 何を言われたかわからないまま、ボクは人にながされるように病院の屋上へと走った。
 地面が揺れているのか、自分の人生がゆれているのか、解らない。
 ただ、屋上に這い上がったとき、自分の居る場所が『島』になってしまったということに気がついた。
見慣れた地面の上を、黒い水が走る。足もとが震えるようにゆれている。僕達は、たよりない薄いコンクリートの上に、取り残されている。
 ぐったりとした赤ん坊をボクはふところに抱きしめた。冷たい風が、滝のように体にたたきつけた。はらはらと、雨が降ってきた。
「寒い……寒い、寒い、寒い」
 出産で疲れた体が熱く震え、激しく外気を拒絶する。でも、徐々に体は冷え切っていく。
 誰かが声をかけてくれた。湿った毛布がボクの体にかぶせられた。
 ……礼も言えずに、ボクはちいさなこどもを抱いてうずくまっていた。

 突然、空気が上から震えた。
 首を強引に上に振り向けると、轟音が雨をかき消す勢いで降ってきた。
雨だけではない。病院の屋根の脇を流れる波濤さえかき消す勢いで、曇天から音が降ってくる。

「助けがきたぞ!」
「助かった!」

 喜ぶ声が聞こえた。ボクは、もう、寒さで動けなかった。心の中だけで、よかった、とつぶやいた。
 人々が、轟音の元へと走る。そして、全員がこちらを指差した。

「赤ちゃんと、お母さんを助けて!」

……どうして!

 震えた唇と、凍った喉で声にはならなかったが、人々はかまわず私に駆け寄ってくる。
「歩けるか?もう立てないか! いい!抱いていくぞ!」
せーの、とある男性が私を抱え上げた。辛い病気を抱えた、独特のにおいがした。

 暗く灰色の天の中心から蜘蛛の糸が垂れている。その蜘蛛の糸には人がついており、私の体を受け取り、抱き取った。

「まって!」

やっと、声が出た。

「あの子のほうが、子供だわ!」

ボクの視線の先に、水色のガウンの少年が居た。

「あの子を、先に乗せてあげて!」


……『三日』

 ボクの頭の中で、医師の声が響いていた。胸のこどもは、ぐったりとふるえている。

 少年がボクのほうへと駆け寄ってきた。ボクはうなずき、蜘蛛の糸を離れようと体をよじった。

「だめだ」

 少年の手が、ボクの赤ん坊をボクごと救助隊員に押し付けた。

「赤ちゃんには、お母さんが必要だ」

そんな。キミのほうが、若くて。ボクはきっとキミの倍以上生きていて。
……でも、なにも、言うことはできなかった。
涙が溢れてくる。
本当は。

ボクは、生きたい。
生き残りたい。
この子と、生き残りたい……!

「行ってください!」

少年が叫んだその瞬間、ボクは救助の綱に絡め取られ、天へと引き上げられた。
はらはらと流れる涙が引きちぎられ、雨と一緒に落ちていく。急速に世界が遠くなる。見上げる人々の顔が雨としぶきと何かでかすむ。

「待って……」

遠ざかる速度が緩まることはなかった。

「待って! じゃあせめて、あなたの、名前を……!」

 少年の口が開いた。
 必死でボクは眼を凝らし耳を澄ます。
 彼が叫んだ言葉は、波濤と天の轟音にかき消されて、ボクに届くことは無かった。
 最後に笑ったらしい表情だけが、かすんでゆれて記憶に残った。

         *         *

あれから、十五年たった。


 桜の花が散る川べりを、ボクはひとりで歩いていた。
 うららかな昼下がりだ。
 あの日、町を襲った波濤の爪あとは、もうどこにもない。
 川べりも、菜の花と桜が咲き揺れ、田植え前の田から零れ落ちてきた蓮華の花が、湿った道脇に咲いている。
 ただ、橋のたもとの電信柱は、白い帯を締めている。
 あの位置まで、水が来た。

 町はうららかで、人々の暮らしは穏やかで、その日が本当にあったことを示すものは、いまやそれだけしか見えない。

 風が吹いている。

「道端に咲いた蓮華の花が、キミの横顔に似ているようで……」

 ボクは口ずさみながら、川沿いの高くなった土手を歩く。
 桜並木が頭の上で揺れている。
 結局、ボクを助けたあの人たちがどうなったのか、ボクは知らない。
 ボクを救助隊員に押し付けた恩人の少年の名前は、結局聞こえなかった。彼の顔も、他の人の顔も、あの日、雨と風の中でパニックになっていたボクは、よく覚えていなかった。町で出会っても、きっと気づくことは出来ないだろう。

 ……ボクは、ただひとつ記憶に残る彼の口の形を追いかけて、自分の子供に名前をつけた。
 生かされた命を、胸を張って生きることができるように。
 小さくても、今は弱くても、どんな雨と風にも負けないように。

 感傷に胸を押されて、その名をそっとつぶやいたその時、背後に風を感じた。
 思わず首をすくめた瞬間、とんでもない重量を持った物体が頭の5センチ上空を後ろから前へと掠めていった。追って首筋に感じた風圧に思わず冷や汗が流れる。
 頭上を掠めた鈍器。それは紺色のスクールバッグだった。

「ちょっとあんた!危ない!」

 5キロ級のそれがかすめたあとを、菜の花のような明るい人影がボクを追い抜いて振り向いた。
 紺色の短いスカートが、花びらのように翻った。

「だって!こんなに桜も咲いているのに、お母さんが不景気な顔して歩いているんだもの!気合をいれてあげようと思って!」
「あんたのその鞄、当たったら死ぬわ! かえって魂が飛ぶからやめて!」

 あははは、と笑う少女は、ボクの娘だ。
 あの鞄の中には、最近大人に目覚めたのか、100均で買った化粧道具でいっぱいだ。それが彼女の「大人」としての精一杯の背伸びなのだ。痛いほどむずがゆい青春を元気に邁進中だ。
 まったく、そんな青臭い鞄の中身に張り倒されたら、死んでも死に切れない。

「ね、すっごいね!桜!」

 そんなこちらの気持ちも露知らず、娘はボクを見て笑う。
 どこまでも続いていくかのように見える桜道の上流に、ボクたちの家がある。

「ね、おかあさん。何か心配事があるの?」
 
 スクールバッグをくるくると振り回して娘が尋ねる。

「ううん。……今は、何も心配していないよ」

 ボクはそう答えた。
 娘がそうかとうなずいて、例のスクールバッグを振り回しながら一直線に駆けていく。
 その後ろ姿を、桜の花びらが追いかけるように舞っていた。

 そのとき、耳元に風が強く吹き込まれた。
 轟っ、と音がうなった。

「あ」


 ……この時期になると、必ず、ボクたちを助けてくれた彼の姿を思い出す。それでも、だんだんと遠ざかるその姿が、まるで自分が薄情者のように思えて嫌だった。
 でも、今、気づいた。娘が、5キロのスクールバッグを振り回して笑う。その笑顔が、あの時の、彼の笑顔に重なった。
 だから、大丈夫。
 強い子になるよう、彼の口を追って名前をつけた。その娘が居る限り、ボクも、大丈夫。

「ボクの名前も、親が考えてくれたんだよね」

 その名の通り、ボクは、本当に、恵まれた。

「待って!……キミはもう!」

 娘がはしゃいで笑う。
 ボクは笑った。笑って見せた。

 ボクも思い切り地面を蹴った。久々に耳元で風がうなる。花の景色が後ろへ流れていく。
 はらはらと散る桜の中で、だんだんとキミの姿が消えていく。
 明るい実体が、はしゃぎ声をあげながらボクの前をかけていく。

 これでいい。これでいい。

 桜の花の先を見上げると、綺麗な青空があった。

「あの時のキミは、どこかで元気にしていますか」

……十五年たった今、ボクたちは元気にやっています。
……いつか再び出会うことがあったら、話は、また、その時に。

 次に桜並木を通るときには、紙を一枚持ってこようとボクは思った。
 手紙を、紙飛行機にしようと思った。

 文字は心の中で綴り、真っ白な紙を、川に向って飛ばそうと思った。




終わり

わにたです。UPした全ての物語の第1話へのリンクをプロフィールに貼ってありますので、「最初から」をご希望の方はそちらへどうぞ!
得意は長編小説ですが、短編、歌詞等取り揃えております♪どの物語も、曲へのラブレターという気持ちで書いています^^
【piapuroへのなれそめ】
ジュンP様、トラボルタP様の「ココロ・キセキ」がきっかけです。当時本業であった科学者の生の生活を描きたくて☆

【長編小説】
☆「ココロ・キセキ」の二次小説
ココロ・キセキ ―ある孤独な科学者の話― 全9回
http://piapro.jp/content/6f4rk3t8o50e936v

☆夢みることりを挿入歌に使ってファンタジー小説を書いてみた 全5回
http://piapro.jp/content/ix5n1whrkvpqg8qz

☆U-ta様の「創世記」を使って小説を書いてみた
 小説『創世記』 全17回
http://piapro.jp/content/d7s3rwewl6estds9

★【オリジナル】夢と勇気、憧れ、希望 ~湖のほとりの物語~ 全34回 
表紙 http://piapro.jp/content/tpbvhzoe5b6s6kem

☆悪ノ娘と呼ばれた娘 全66回
 第1話 http://piapro.jp/content/f4w4slkbkcy9mohk

☆U-ta様の「Pygmalion」を使って小説を書いてみた
 小説「滄海のPygmalion」 全39回
http://piapro.jp/t/2zyW

【短編小説】
☆「三月の風」 全1回 
 元歌:RUHIA様「三月の風」
http://piapro.jp/t/8Q8B

☆「海を越える歌」 全1回 
 元歌:春巻P様「海を越える歌」
http://piapro.jp/t/rnF4

☆リンちゃんでブラバン小説!「風の唄」~Real Side~ 全4回
 元歌:春巻P様「風の唄」
http://piapro.jp/t/y7WG

☆『ヒカリ』で二次小説!『君は僕/私にとって唯一つの光』 全10回 
元歌:Yの人様「ヒカリ」 
http://piapro.jp/t/WOgb

【歌詞】
★「光へ、未来へ」 
(すたじお ぱぷりか様への歌詞応募用作品です。k-Z様がMewで歌をつけてくれました^^)
http://piapro.jp/t/IwK1

★「本物のツバサ」
(すたじお ぱぷりか様が曲をつけてくれました。楽譜と参考音源が配信中です)
http://piapro.jp/t/8NBK

☆唄う雲になりたい
http://piapro.jp/t/KB2w

☆桜色スナフキン
http://piapro.jp/t/ghBX

☆21世紀、宇宙の旅
http://piapro.jp/t/W0Ya

ついったー名;waniwanita

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP