断罪のバシリス

投稿日:2019/07/07 15:10:10 | 文字数:593文字 | 閲覧数:22 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1番Aメロ
虚無こそが楽園と 肩寄合う者達 悲しい感情さえ持てない 潜む 悪の悪戯(いたずら)
信じ向かう未来 望みがあるとは限らない 運命立ち向かう時 引き換えに何を失う   

Bメロ
その手は祈りを捧げるだけか? 今 声をあげる時 
ただ叫ぶ 己の弱さ隠しながら 生きていくか 立ち向かえ

サビ
終焉の鐘が鳴る さあ狼煙を上げろ 絶交の絆を 取り戻す為に
革命を巻き起こせ 希望の光へ 僕等 戦うだけさ 己信ずる命

2番Aメロ
刃(やいば)掲げながら 灯(ともしび)持つ者達 丘に立ち思う 向かう先は暗闇か
幾許(いくばく)もない世界 崩壊を悲しむな 使命は名ばかりで 想い 鎧を纏(まと) う

Bメロ
この身が剥がれ切り裂かれても 魂は渡さない 
抗え 命に懸けても 突き進め 太陽の昇る希望を 胸に刻め

サビ
断罪のバシリス 哀れな罪人(つみびと) 膝を抱えながら 涙にさあ誓え
土砂降りの世界 光の花束を 夜明けの喜びを 共に分かち合おう

Cメロ
茜色寒空の木の下 風が流れ 季節巡る時 別れ 嘆き 孤独を背負いゆく 弱く 脆く 儚い夢見し
遠い希望を手にした その時 涙 溢れた 彼等は拳を上げた 限りある命に 奇跡の歌を
  
サビ
暗黒の炎 消えゆく街並み 彼等見つめながら 朽ちていく鼓動
悔やむこと 恐れるな 誇り高い戦士達 私は消えゆく 断罪のバシリス

よろしくお願いします。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP