百億年後に返事をする

投稿日:2021/08/02 22:24:06 | 文字数:615文字 | 閲覧数:169 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

地図を見ている目印を見つける
目的地を定めて近づく遠ざかる
辿り着くのは近づくことで
彷徨い歩くのは遠ざかること

山だってそう海の底だって同じ
平面でも立体でもどこかが地点
行き先が決まるのは良いことで
あやふやなのは良くないこと

人の想いに目的地はあるのかな
ずっと探し求めていた場所って
悩んで苦労して辿り着いても
僕はそこで笑っていられるのかな


星を見ている星座を見つける
結んで繋いで想いを馳せていく
描き出すのは紡ぎ出すことで
そこまでの距離は果てしない

原子だってそう電子だって同じ
大きくても小さくても基準点だ
目標が見えるのは良いことで
霞がかかるのは良くないこと

人の気持ちに大きさはあるのかな
ロケットで星へ顕微鏡で塵へ
どこにも行けずに立ち尽くしても
僕はそこで笑ってて良いのかな


例えば何かを描きたいときに
誰かの何かを参考にしたときに
それに似せるか似せないかって
基準値が決まるのが怖いんだ

きっとそうやって僕はいつだって
どこにも行けないことを選んでいる
頭の中では何もかも自由と思っても
結局は何かに縛られ振り回されて

何もかも知らない故の自由なら
生まれる全てが新しい自由かな?
僕の中だけで世界が終わるのなら
それでも良いやって思っちゃうね


それでもきっと誰かが見てる
あの星からだって僕のことを
手を振った僕の姿が見えるかい?
百億年後に返事をするよ


光の速さでさ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP