プシュケは曇天に溺る/初音ミク off vocal

投稿日:2021/09/27 22:40:29 | タイム/サイズ:03:38/(3,409KB) | 閲覧数:21 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

プシュケは曇天に溺る/初音ミクのoff vocalです。

YouTube https://youtu.be/LGZGTyVkmcY
niconico https://nico.ms/sm39393280

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

空が泣いた夜は
同じ夢を見た
海を通る夜汽車(よぎしゃ)の窓から
誰も居ない街を見た

言葉を重ねた洋墨(インク)が霞(かす)んで
或(あ)る日の記憶も不鮮明に暈(ぼ)けた
遠回りをしたのだ
子供の儘でいたくて

散漫、意識が絶えた
案外、悪くもないが
閉塞感に押し潰されて 
 嗚呼、此の儘生きていようか
「間違っている」なんて聲も

届かないくらい

遠くの空が奇麗で
星に傅(かしず)く月に成れたら良いのに
耀(かがよ)う蠟燭(ろうそく)を消して

橄欖石(ペリドット)の翠(みどり)が
眩(まばゆ)い朝を
迎えた頃に小さく爆ぜて
今度の言葉はどうだろうか
間違えず、絶えず、聞こえるかい?

彼(あ)の海の上の夜汽車に
乗り込んだ記憶だけが過(よぎ)る
まだ、今も
ただ、泣いて

水面に揺らめく残花が滲んで
瓦斯灯(ガスランプ)の夢も不完全に溶けた
嗚呼、此の儘死んで仕舞えば
どれだけ楽なんだろうか

儚げに咲いた彼岸の花が奇麗で
静寂(しじま)に揺らぐ街が枯れる前に
世界よ止まれと願った

嗚呼、橄欖石(ペリドット)は割れて
朝が私を呑んで
空が泣き止む頃に夢から醒めた
喧騒に塗れた街が此の音が怖かった

夢の街が奇麗で
誰の聲もしなくて
其処にずっと居たくて
眠る為に私を止めたのだ

花が奇麗で
譜面に落とす音が割れる前に
夢の景色に色を塗って

空が泣いた夜は
同じ夢を見た
海を通る夜汽車の窓から
君の居ない街を眺めた

もっとみるLyrics by 道端の石さん

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/31

  • 大人の凱歌

    by ぽき入ルさん

  • サイハテ

    by 小林オニキスさん

  • 驟雨、翳る窓、嘘を吐く / ついらく feat.初音ミクNT

    by ついらくPさん

  • てんねっこ feat.初音ミク

    by 無名れもさん

  • The beast.

    by スペクタクルPさん

  • Puzzled Love inst

    by kohacolaさん

  • 爆笑(カラオケ)

    by syudouさん

  • ユニークパレード -Instrumental-

    by 鬱Pさん

  • 裏表ラバーズ

    by wowakaさん

  • from Y to Y

    by OneRoomさん

もっと見る

▲TOP