家族の消失 -序章-

投稿日:2012/03/28 15:08:04 | 文字数:610文字 | 閲覧数:293 | カテゴリ:小説 | 全3バージョン

ライセンス:

初投稿です。
 
取りあえず、序章から。



初音ミクの消失
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2937784

この小説の土台です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

異変 
 
ミク姉の体調が最近良くない。
ウイルスに感染したらしい。
マスターにはあまり近づくなと言われたが、俺とリンはほぼ毎日交代でミク姉の部屋へお見舞いに行っていた。
そして、今日も行こうとしたのだが…。

「あれ?」
 
エラーがでて部屋から出られない。
リンの部屋からなら出られるかな。

「リン、入っていい?」
「いいけど…、どうしたの?」

珍しくあっさりドアを開けてくれた。
俺の部屋とリンの部屋は一つのドアでつながっている。
普段、リンはみかんの隠し食いとかしているから(ry

「ミク姉のお見舞いに行こうとしたんだけど、俺の部屋ドアにロックかかってるみたいでさ。
 部屋から出られないんだよ」
「あぁ、そういうことね」
 
リンがドアノブに手をかけると、俺の部屋のドアと同じエラーが出た。
 
「あれ~?マスター、ロックかけるときいつも言ってくれるのに…」
 
開かないドアの前で二人で「うーん」と唸っていると、はっと案がうかんだ。
 
「そうだ!ルカ姉とかにメールして外側から開けてもらえばいいんだよ!」
「さすが、『賢い弟』!」
 
早速、部屋に戻り、自分のパソコンからメールを送ろうとする。
 
「だめだ、エラーがでて送れない」
「あたしのもだ」
 
明らかにおかしい。
まるで、俺たちを部屋から出させまいとしているようだ。
 
この時、俺は変な胸騒ぎを覚えた。
 
 
 


次回に続きます☆

小説をマイペースで書いてます。

 
年少組が好き。

リクエスト等ありましたら、メッセージにお寄せください。
リクエストといっても、曲の場合は曲をモチーフにして自分の世界を勝手に広げる二次創作小説になりますが。
 
アイコンはなつめ亜佐様に描いていただきました。
中学生なうでいらっしゃいます。
絵柄がとてもかわいいですよねw


現在、初音ミクの消失をもとにした小説を書いています。→完結しました。

http://piapro.jp/t/9DU2

一話目
 
http://piapro.jp/t/9LeS

設定


現在、千本桜をもとにした二次創作小説を書いております。

http://piapro.jp/t/AUcW

一話目(プロローグ)

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    覗きに来ましたー♪(おい言い方

    消失を土台とした…!
    よし、パソコンが使える限り読むぞおおおお!!

    …ああ、受験生なんですよ。ほんとならもう使えてるはずはないんですけどねwww

    2012/07/15 20:07:45 From  Turndog~ターンドッグ~

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP