渚-eternity-

投稿日:2012/07/02 18:34:02 | 文字数:1,005文字 | 閲覧数:105 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:


見つけてくれた君に ありがとう。
その夏、恋を知りました

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
午後の天気は 快晴だって言ってた
予報は当たりで 空はただ蒼く澄んでた

B
半袖の制服の 袖は顔に届かない
無駄に光る涙 隠すことができなかったよ

S
外れの路上で 立ち止まってる君
視線の中 抜け出せないよ
長い沈黙から 近付くの何故?
右手を引かれ 一歩踏み出す

A
薄い千切れ雲 微風に乗って流れた
背伸びし過ぎてる 向日葵は太陽見つめた

B
君は傍らにある 自転車を転がし出す
前を向いたままの 無口な背中は広かった

S
強く踏んだペダル 動き出す景色
風がスカートをひるがえした
慌てて掴まえた 君の体は
思ったよりも 緊張してた

C
突然の急な坂道
まるで宙を舞った気がしたよ
早く打つ鼓動 加速する車輪の音
潮の香りが 頬撫でた

B
少し汗ばむ背中 暖かくて優しくて
止まらず流れていた 涙はもうなくなっていたよ

S
走るその先に どこまでも続く
渚は ふたりを包み込む
初めて感じてる 寄せる波音
永遠のような 高鳴る気持ち

初恋[こい]と 「ありがとう。」知った


~かな読み~

A
ごごのてんきわ かいせいだっていってた
よほうわあたりで そらわただあおくすんでた

B
はんそでのせいふくの そでわかおにとどかない
むだにひかるなみだ かくすことができなかったよ

S
はずれのろじょうで たちどまってるきみ
しせんのなか ぬけだせないよ
ながいちんもくから ちかづくのなぜ
みぎておひかれ いっぽふみだす

A
うすいちぎれくも そよかぜにのってながれた
せのびしすぎてる ひまわりわたいようみつめた

B
きみわかたわらにある じてんしゃおころがしだす
まえおむいたままの むくちなせなかわひろかった

S
つよくふんだぺだる うごきだすけしき
かぜがすかーとおひるがえした
あわててつかまえた きみのからだわ
おもったよりも きんちょうしてた

C
とつぜんのきゅうなさかみち
まるでちゅうおまったきがしたよ
はやくうつこどう かそくするしゃりんのおと
しおのかおりが ほおなでた

B
すこしあせばむせなか あたたかくてやさしくて
とまらずながれていた なみだわもうなくなっていたよ

S
はしるそのさきに どこまでもつづく
なぎさわ ふたりおつつみこむ
はじめてかんじてる よせるなみおと
えいえんのような たかなるきもち

こいと ありがとう しった

花陽と申します。
(†由良†から改名しました。)

ニコ動マイリス↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/25064407

主にコラボと歌詞応募で活動中。
どんなジャンルの歌詞でも大体は対応できます。

作詞を始めて気付いた特徴。
和風とちょっと後ろ向き気味な歌詞を考えるのが好きらしい(¬з¬)♪

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP