DollsGame-67.タチアオイ-

投稿日:2010/08/10 08:37:23 | 文字数:1,125文字 | 閲覧数:129 | カテゴリ:小説

ライセンス:

数えたら負けです

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風雨の音だけが暫く部屋に響いた。と、急に手を掴まれ引き寄せられた。

「えっ?!」
「…もう思い出すな…浬音。」

耳元で囁かれた名前に心臓が跳ねて、思わず鳴兎を突き飛ばした。こんな状況で、しかもベッドの上で抱き締められたら意識せざるを得ない。今更ながらドアが開かない事が恨めしい。

「はい、あーん。」
「え?むぐっ…?!」

口の中に甘酢っぽい味と香りが広がった。レモンキャンディ?そう言えばこの前も持ってた様な…キャンディ好き?

「昔話でもしようか?つまんないけど。」
「昔話?」
「そ、昔々ある所にとある家族がいました。働き者の両親と3人の男の子はケンカ
 しながらもすくすくと育っていました。」
「何それ…。」
「だけどある日の事、留守番をしていた3人の子供達の所に他人の物を欲しがる悪い
 奴等がやって来てしまいました。」
「え?」
「子供達は逃げましたが、運悪く1人の子が捕まってしまいました。」
「め…鳴兎?」
「その子は人質にされて、警察や両親の目の前で斬り付けられました。その後犯人は
 逮捕されて、病院に搬送された子供は一週間後に目を覚ましました、めでたし
 めでたし…。」
「めでたくないって!…ねぇ、今の…。」
「…他人の物欲しがるとロクな事が無いって教訓。」

鳴兎は寝転がって浅く笑っていたけど、天井を見たままこっちを見ようとはしなかった。急に心配になってそっと頭に手をやる。

「…大丈夫?」
「昔話だって言ったろ?」
「それは…そうなんだけど…。」

頭に置いていた手を捕まえられた。

「それから決めたんだよ、絶対に他人の物は欲しがらないってね。そんな事したって
 誰も幸せになれないしロクな事無いし、良い事一つも無い。」

何だろう?全然違う話の筈なのに、どこか気になる。欲しがっちゃ駄目、望んじゃ駄目、幸せになれない…。ああ、少しだけ私に似てるのかも…。

「だから諦めてるの?」
「………………………。」
「鳴兎?」
「You must go to his side before I seriously love you.」
「え…?今何…っ!」

聞き返す前に唇が触れた。

「何す…!人のファーストキ…!」
「2回目。いや…3回目かな?」

噛み付く様にキスされて、また甘酸っぱい味と香りが口に押し込まれた。

「鳴…!やめ…!」

首筋に小さく痛みが走った瞬間、バチンと言う音と共に照明が点いて明るくなった。

「時間切れ…かな。」
「な…何…!今何し…!」
「お休み。」

頭の上からバラバラとレモンキャンディを降らせると、鳴兎はスタスタと部屋を出て行った。

「…っの馬鹿ぁ~~~~っ!!!」

アトリ ヌエと読みます

御用の方はお手数ですがtwitter側への連絡をお願いします

イラスト使用の際は明らかに悪意のある(誰かの中傷、原形を留めない位グチャグチャ等)、又は法に触れる内容で無ければ加工、反転御自由に、事後で構いませんので報告戴けると喜んで見に行きます

ニコニコ動画では『AsrAn』と名乗ってます
↓↓作った物マイリスト↓↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/22780099

ついった
https://twitter.com/AtoriNuE

参考として

ドールのアトリエ
http://doll-a.net/
3Dポーズ集
http://3dpose.blog93.fc2.com/
Devianart
http://www.deviantart.com/
写真素材 足成
http://www.ashinari.com/

から素材をお借りして居ます

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP