金色の雨(きんいろのあめ)

投稿日:2016/02/27 00:07:05 | 文字数:1,226文字 | 閲覧数:166 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

イメージとしては「闇」「雨」「金色の光」「現実」「死」がうまく溶けて繋がればいいな、という意識で
作詞したらこうなりました。


【ストーリー的なもの】
原因は不明ですが、ほぼ全身麻痺の少女が入院しています。
残念ながらこの少女は
本能的なまばたきと光への反応(睡眠)がやっとの状態のようです。
それでも明るくなれば目を開き、動けない苦痛や動かない視界からものを感じ、
夜には夢を見て、生き続けます。
そして最期は飛び立ちます。金色の雨に向かって。

上記でストーリーは終了です。ほとんど膨らんでません(汗)
こちらの曲は大変きれいなので、「ひどい」描写はあまり入れない方が良いかな…と感じましたので。


【B1】は点滴の描写のつもり。
   私は医療関係者ではないので詳しくないですが、
   栄養剤的成分の点滴パックは黄色ぽいです。ぽかったです。

【B2】の「ふくらみを繰り返す」は取り替えられる点滴パック以外にも
呼吸やエアーマットレスの描写のつもり。
呼吸で胸が上下するのは言わずもがなですが、
寝たきり(に近い)の人用のエアーマットレスのベッドは
床ずれ防止やベッド内の蒸れを外に出す為に、時々ふくらむ機能がついてました。


こちらの曲が持つきれいで冷たい雨と死のイメージに加え
昔自分が脳梗塞(7割位脳と身体麻痺)の亡父を見舞ってた頃のイメージや
村上竹尾さんの「死んで生き返りましたれぽ」
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=40218865
を参考に、現実や認知や夢や感情の境目が曖昧な感じなど
いろいろなイメージを混ぜて作詞させて頂きました。

今回のダブルミーニングは
「花びらをひらく馨の中」≒「花びらをひらくか 檻の中」

「波立つ水面の空」≒「涙 罪なもの 空」。
上記は本当”降りてきた”って感じのフレーズでした。自分の中で久々のヒット。

この歌詞は下記のぽてとくん様の曲を元に作詞させて頂きました。有難うございました。

http://piapro.jp/t/K1Dx

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A1】
微睡みが過ぎ去る午後に    投げかけた声が響いた
なにひとつ動かせない      真綿のようなこの世界

【B1】
金色に    きらめいた     しずくが管を伝い
すこしずつ  ひとつずつと    わたしの元へ降(くだ)る

【S1】
暗闇に溶けてしまえば    どこの場所にも潜んでいける
温かなぬかるみの中      花びらをひらく馨(かおり)の中

【A2】
壁が白(しら)めばそれが朝  灯りが消えたらそれが夜
それだけの単純な日々が    うつろな心臓をつないだ

【B2】
すこしずつ すこしずつ     角度変える金色
ふくらみを  繰り返して     わたしの居場所はどこ?

【S2】
暗闇に落ちてしまえば     深い底にも手を触れられる
まとわりついてく記憶の    魚の群れと泳いでいける

【C2】
波立つ水面(みなも)の空   継ぎ接ぎだらけの島
身体中に注いだ         金色の雨が降る丘

【S2】
なにひとつ動かないまま    もうどこにだって飛びたっていける
なにもかもなくしたままで    なにもかもつれなくのこしてく

なにひとつ動かない       硝子越しの雨以外
わずかな陽(ひ)の光が     わたしの頬を撫でていく



<かな>

【A1】
まどろみがすぎ さるごごに     なげ かーけたこえが ひびいた
なにひとつうご  かせーない     まわ たのようなこ のせかい

【B1】
きんいろに きらめいた        しずくがくだお つたい
すこしずつ  ひとつずつと       わたし のもと えくだる

【S1】
くら やみにと けてしまーえば     どこ のば[しょ]にも ひそ んでいける
あた かかなぬ かるみーのなか   はな びらおひらく かー おりのなか

【A2】
かべがしらめば それがあさ      あか りがきえたらそ れがよる
それだけのたん [じゅん]なひびが  うつ  ろな[しん]ぞうお つないだ

【B2】
すこしずつ すこしずつ     かくどかえるき んいろ
ふくらみを くりかえして     わたし のいば [しょ]わどこ

【S2】
くら やみにお ちてしまーえば   ふか いそこにも てお ふれられる
まと わりつー いてくきおくの    さか なのむれとお よい でいーける

【C2】
なみだ つみな   ものそら   つぎはぎだら けのしま
からだ [じゅ]うに そそいだ   きん いろのあめが ふるおか

【S3】
なに ひとーつ うごかないまま  もう どこに[だっ]て とび [たっ]ていける
なに もかーも なくしたままで   なに もかもつれ なく のこしてく

【C2】
なにひ とつう ごかない     がらすごしの あめい[がい]
わずか なひの ひかりが     わた しのほほおな でていく

ネタ、作詞、ネットストーカー、検索魔系。
ネタ&作詞は約15年、基本味付け濃い目の作詞します。
(※歌詞変更は大いに相談可)
詞の得意分野はロック、歌謡ロック、ポップス、コミックソング、いわゆる厨二系、
ピアプロ規約ギリギリのえろソン・エグソンだと思ってます。 
 
ダブルミーニング(複数の意味がとれる詞)、
男女の性差がないor少ない詞、
もどき詞(特定ミュージシャンぽく作る詞)が好きです。
 
コンペ形式の歌詞募集向けの作詞の方が得るものが多いので、
通常はもっぱらそちらで作詞しております。
作詞能力にムラがあります。
また、不採用詞も記載してますが、曲付けはお断りしております。

↓今まで詞採用して頂いた曲のPVはコチラ
http://www.nicovideo.jp/mylist/17834619

twitter ID : h-yassy

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP