キミサガシ

投稿日:2012/04/11 21:36:55 | 文字数:967文字 | 閲覧数:124 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

長い……駄作

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

S

舞い散った桜に 映った君の瞳を
さがして さがして

A

全て わかんないようなフリして
遠く 別のどこかの景色のよう
声が 聞こえる、決まった応対で
ルーチンワークこなすだけ

今日も 君を見つめ安堵する今日で
明日も 君を見つけ安堵するようで
声が 聞こえる、後悔はしてないよ
自分で選んだ結末

B

同じカタチの雲は 2つもない
広い空見上げて
同じカタチのセカイ 守ろうとした
君がいないと気づいた
あの日から

S

飛び散った記憶に 残った君の香りを
決して消し去らないようにと

さまよった季節に 映ったあの日の桜
きれいで きれいで

飛び乗ったセカイに 創った小さな檻(おり)を
全力で守ろうとした

ただずっと隣に 座ってた君のぬくもり
いかないで いかないで

A

全て 同じこと繰り返す日々
そこに 近いようで手は届かない
声が あの日と全く変わらない
だけど大きな穴がある

今日も 君がいるセカイの欺瞞(ぎまん)を
明日も 何事もなく過ごしていくの
声が 聞こえない、心を閉ざした
そっと自分に問いかける

B

君がいない景色に 色なんて無い
暗い空見上げて
同じカタチのセカイ 別の何かを
大事そうに抱えてた
あの日から

S

まっしろな記憶に 探した君の未来を
なんて描けはしなかった

過ぎ去った季節に 止まったあの日の時計
つらくて つらくて

飛び乗ったセカイの 未来を見てみたいから
全力で守ろうとした

ただずっと隣に 座ってたかったのに
いかないで いかないで

C

君がいた季節 繰り返した
どうしたって未来 そこには無くて
君がいた季節 桜よ永遠に
なんて思った日もあった

君がいた季節 巻き戻した
どうしたって君を 連れて行きたくて
それならば交渉 桜は散る頃
そして時計は動き出す

S

切り取ったセカイに 残された泣いてる君
そっとつないだこの右手を

忘れないでずっと 笑ってあの日のように
動いて 動いて

大S

閉じきったセカイに 残された独りぼっち
そっと思った君の笑顔を

そのためならば 染まったこの目の奥に
この命 それさえ

巡りくる季節に 映った君の瞳を
探してずっと探して続けて

色づいた景色 笑ったあの日のままで
やっと みつけた

ボカロ大好き高校2年生です
主に歌詞をかこうと思っています

依頼いただければストーリー性あるもの、ないもの、どんな歌詞でも書かせていただきます

作曲師様本気で募集してます

いちおうアコギはひけます

サムネイラストはきゅーぶ様です

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは。
     ですかー。説明文でいうほどわるくないでね。
    文章は幾度も手直しするものらしいです。
     ストーリーとリズムがあります。
    細かいところを直して行けば
    素人では上出来の歌詞になると感じます。
     長いのに読ませる! それだけで成功ではないでしょうか、

    2012/04/13 11:43:37 From  春緒うるま

  • userIcon

    メッセージのお返し


    ありがとうございます!
    コメントいただけるととても嬉しいです!
    これからもがんばります><

    2012/04/13 18:25:34 cHaka-ss

▲TOP