愛はわからないまま

投稿日:2019/12/09 23:53:04 | 文字数:457文字 | 閲覧数:2 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

愛を知りたかった人の話

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1人で抱え込んでた 誰にも言わないままで
そんな自分が嫌だったけど 変わろうとは思わなかったんだ
1人でいることに慣れすぎて 周りなんて見えてなかった
絶え間無い時が無為に過ぎていき 息さえするのが難しくなった
遠い思い出も消え去っていて 今もまともに覚えられない そんな私をどうしたら 心から愛せる?

普通を当たり前にするのが怖かった 愛せもしない私を 見つめることなんてできない 果ての無い感情は 虚空へと消えていく 決して忘れない感情の始まりを


今更のことでしかない感情を 振り切って見失って求めるのは何故?
知り得ることを諦めた筈なのに 今でも未練のように思う
何があるというの?
何がみえるのだろう?
何が心を揺さぶるの?

感情を1つ消せるのなら 愛・好きを消してしまいたい 揺るぎの無い感情を胸に抱き 私は私でありたい


普通を当たり前にするのが怖かった
感情を1つ消してしまいたい程に
すべてが重なりそして始まる
永遠の課題は私を貫いて 見上げる空の蒼さが綺麗だった
私は私を愛してみたい

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP