凍った世界で僕は

投稿日:2018/10/02 00:21:33 | 文字数:628文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

現在曲募集中です

手が暖かいから氷は溶けるのならば

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あなたは言った
『手にのせた氷は溶けてく』
だから言ったんだ
「それは君の手が悪い子だから」


満たされる愛なんてない
底に立つ哀 わかって僕ら
もがいて藁を探していた
冴えない表情 隠したナニカ


​─ 隠せてないさ そう ちっとも ─


世界が凍って籠ってく
キレイもキライも秒針と一緒に
ピックを握る僕の心には
滲んだ紅(あか)でアイと残ったまま

それが どうして どうにか なりそうなくらい
うずいて うずまる 君の頬







あなたは言った
『氷塊の期限はいつまで?』
だから言ったんだ
「きっとその顔がこちらを見るまで」


待たされる不意なんてない
込められた故意 探って僕ら
藻掻くのに藁を探していた
冷えない氷城 覗いたナニカ


​─ 逃げたつもりか? そう ちっとも ─


正解 こぞって馬鹿を見る
ミライもクライも泣き跡と一緒に
バックを握る君の心には
知らない誰か アイは消えていた

そして どうして どうにか なりそうなくらい
うずまき ゆがんだ 僕の顔





あなたは言った
『気に入らない それで逃げないで』
だから言ったんだ
「それは君の目が悪い子だから」


あなたが言った
『なにもかも私のせいなの?』
だから言ってやる
「それは僕の口からは言えない」


あなたが言った?
「手にのせた氷は溶けてく」
だけど言ったかな?
『それは僕の手が悪い子だから』



凍った世界を僕は 手に乗せて...

大学①
作詞、動画イラストを受け付けております。
詞先のものが多くあるので、現在曲募集中ですと書かれている歌詞は是非曲をつけていただきたいですです。
曲先でももちろん大丈夫です。
仲良くしてください!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP