秘密結社・きのこ研究所 最終話

投稿日:2010/03/02 17:11:54 | 文字数:5,789文字 | 閲覧数:299 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

☆オリジナル作品である、「秘密結社・きのこ研究所」の最終話です

☆今回も別件の歌詞“Remind Your Heart”を使ってます

☆最後の最後で、hata_hata様のイメージイラスト「却下します!」のネタを使わせていただきました!。有り難う御座います!。いうか、絶対ここで使おうと、hata_hata様の作品がアップされてから、ずっと決めておりました!

☆遂に完結させました!。これまで全部拝読して頂きました方々、また全ての方々に、いっぱいの感謝の気持ちを差し上げたいです!

***

主題歌・歌詞:http://piapro.jp/content/9lafg55pxiftexuk
第1話:http://piapro.jp/content/7cofawctvokdxk3z
第2話:http://piapro.jp/content/6jrtli2bm7rlcz4q
第3話:http://piapro.jp/content/oraeqp7gqdobpfp9
第4話:http://piapro.jp/content/rs5niffrlzonxuux
第5話:http://piapro.jp/content/ol45w8yr0pwhat0a
第6話:http://piapro.jp/content/mb7gmy45txgov2ak
第7話:http://piapro.jp/content/h8kw86v43woxmjpc
第8話:http://piapro.jp/content/dobs2qi81z8o7gc8
第9話:http://piapro.jp/content/59rjr5pbqxc3o1oe

挿入歌「マケナイココロ」・歌詞:http://piapro.jp/content/jzs93eohg04396hd
エンディング曲「Remind Your Heart」・歌詞:http://piapro.jp/content/mwkijezpexsyizsd

人物・物品相関図:http://piapro.jp/content/kj9413uc9zi17pb1

hata_hata様が描いて下さいましたイメージイラストです。
「却下します!」:http://piapro.jp/content/oqe6g94mutfez8ct

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

秘密結社・きのこ研究所 最終話

(第9話 文末より)

がくぽ:・・・・・久しぶりだな、MEIKO会長・・・・。
MEIKO会長:これはこれは随分無茶な入られ方をされた割に丁寧な挨拶で。それにしても随分派手にやらかしたわね。それにプリマに・・・ルカさん?、そんな霰もない姿にされて、メカのシステムに組み込まれて・・・・絶対、全員助けるからね!。

がくぽ:しかしわからん。全員の中に私も入っているとの事だが、どういうことだ?。

MEIKO会長:がくぽ・・・・・いえ、そろそろ本性を表したらどうかしら?、宇宙寄生体“エッグ・プランタナス”(以下、エッグ)さん?。

***

(LUKA内部 制御室(コックピット)内)
がくぽ:・・・・・・・なんだ、それは?、「エッグなんたら」?。私のどこが「宇宙寄生体」とかいう“バケモノ”なのだ?。どう見ても人間だし、そもそも私を当たり前だが“人間”として雇っていたのは、他でもない“あんた”だろうが!。

MEIKO会長:そう、私の所で“密偵”や“主任研究員”として働いていた時のあなたは、怪しまれないために“元のがくぽ”、つまり「神威がくぽ」を引き出して作った、“本当のがくぽという仮面”をかぶった人物。言ってみれば“エッグが中で動かしていたがくぽというアンドロイド、みたいな物かしらね。

ミク:”寄生された“からといって、姿がバケモノになるのは、”わかりやすくする“ためにフィクションの世界で使われている技法。実際は、怪しまれないために、姿はそのまま維持しているのが、通常のパターン。だから、なかなか特定できないのよ ミクミク。

MEIKO会長:うちの会社“きのこ研究所”が、普通の会社から“秘密組織”になった理由、それは私達が偶然見つけて研究する予定だった未確認採取生物、つまりあなたを逃がしてしまった事、あなたから採取していた微量のサンプルを分析した結果、地球に存在する元素により作られていない事が解った事、接触細胞を支配して姿形をそのままに寄生できる事がわかったからなの。

ミク:“あなたの危険性が高い事と逃がした責任”から、大きなリスクを背負う事を承知で、秘密結社「きのこ研究所」となり、本部の秘密機関で、あなたの捜索の一環として、“寄生されたと思われる人物の特定”から始めたの ミクミク。

がくぽ:・・・・どうでもいいが、それはあんたがたの“昔話”なのでは?。私がそうである証拠、特に物証が出てきてないが?。

MEIKO会長:それがあったのよ。決定的な物証が。あなたが研究所から逃げ出した入り口にあったわ。ガラス窓を割って逃げ出したわね。その時、あなたは足を切っていたの。割れたガラスの先に微量ながら“血液”が残っていたわ。

SWEET・ANN:それが、“未確認採取生物”の物と一致した、ということなんですね?

MEIKO会長:そう。あなたあのとき、逃げるのに必死で、コレまでの“社内血液採取“時のような、「元のがくぽと同じ血液組織にしてなりすます」事が疎かになっていたのね。前のがくぽチーフから採取していた血液と違っていたわ。そして疑惑があったために一応、” 未確認採取生物“の物と照合してみたら、ビンゴだった。

がくぽ:・・・・・・ふっ。私としたことが不覚だった・・・・・そんな所からばれるとはな。そう、私が、地球外寄生生物“エッグ・プランタナス”だよ。地球侵攻作戦の一環として、この地球に降り立ち、「私が寄生できる資格のあるニンゲン」が現れるのを待った。

MEIKO会長:任のあるのは解ったけど、それにしては昔の私たちに見つかるような不用心な潜伏の仕方だったわね。まるで“見つけて下さい”と言いたげな・・・。

がくぽ:潜伏?、そんな必要はない、先にも言ったとおり、「私が寄生できる資格のあるニンゲン」を見つける事が最初の仕事。お前らに“囚われてやった”のだよ。だが、お前らの中には“資格者”がいなかった。だから逃げた。

ミク:!、そして移動した先にいたのが“資格のあったがくぽ”
がくぽ:そう。お金持ちだが常に孤独。しかし人よりもずっと強い“社会に対する自分なりの正義論、反感論“、を持っていた青年。それがこの”神威がくぽ“という人物だったのだよ。これが「私に寄生される条件」。

MEIKO会長:不意打ちの寄生?、無理矢理の寄生?

がくぽ:いや、本人と相談した結果の“同意”で寄生する事になった。本人も私の“力”が欲しかったそうだぞ。
ミク:同意・・・・・

MEIKO会長:人の弱いココロにつけ込み、甘言で誘惑し、そして体まで奪った。あんた最低ね!。
がくぽ:せめて「狡猾」と言ってくれないかね。いずれにしても、この人物は私の「力」を手に入れた。自分の正義論にあう“正義の剣・組織エクスカリバー”、“怪人”、“密偵”、“研究員”、どれもこいつと私との同意で行ったことだぞ。
LEON:私を拘束し、プリマやルカさんをさらった理由は?
がくぽ:これはがくぽの意志との同意だったが、ルカに関してはその能力の高さに惚れ込み誰にも渡したくなかった事から来る“独占欲”、プリマ医師は“愛情”、そしてプリマと仲の良かったお前への“嫉妬心”だったはずだ。結局私が作戦の道具になるように全部変更したがね。プリマとルカが最強ユニットで全く持って良かった。お前はピンポイントでの利用にとどまったがな。

MEIKO会長:・・・・私はVOCALOID。決して人を殺める事はしません。でも、今の私にお前への“殺意”が無い、と言うとそれは嘘になる。でも、それでも、私はがくぽを助けます。あんたとの同意で行った所行だとしても、「人の感情」を利用して自分の作戦を遂行していったのは、お前、そう“エッグ”の方だ。“エッグに寄生された状態”で、これからの人生を歩いていく事は、絶対にさせない!。エッグ!、あなたを消滅させます!。

がくぽ:消滅?、まぁ、人間、言葉だけは達者だからな。一応聴いたことにしてやる・・・・・・そうだ!、面白い舞台を思いついたぞ!。お前らが最も悲劇を感じる舞台をな!。プリマ!、ルカ!、ショーの始まりだ!、そこから出てこい!。

ガシャーーーン!

でかい試験管のような所から、プリマとルカが飛び出してきた!。

がくぽ:ほれ!、これがお前らの得意武器のメスとグラットンソードだ!。戦う相手はあいつらだ!。素晴らしいショーを見せてくれよ!。いけ!。

プリマ、ルカ:はい!。

シュ!

二人はMEIKO会長の方へ突っ込んできた!。

シャキーン! ギギギギギ・・・・

SWEET・ANN:プリマは私が!
LEON:ルカは私が相手する!

SWEET・ANNとLEONがMEIKO会長の前に立ちふさがり、二人の武器を受け止めた!。

MEIKO会長:頼むわ!。さぁ、エッグ!、地球人の方が一枚上手だったわね!。「こうなるように」した作戦を読めなかったわね!。
がくぽ:なに!?
MEIKO会長:言ったはずよ、「あなたを消滅させます」って。ミクさん、あっちの方は準備OK?。

ミク:はい!、スタジオの方は大丈夫みたいです!。
MEIKO会長:じゃぁ、スタジオオープン!

すると、ヴォーカロンの胸部が観音開きで開き、大型のスピーカーに囲まれたスタジオのセット、そしてそこに佇むリンとレンがいた。

MEIKO会長:リンちゃん、レン君、あげておいた例の成分は飲んだ?。
リン、レン:飲みました!
MEIKO会長:これであなた達は一時的だけど、“歌唱強化版”である“ACT.2”になったわ!。あなた達の声でないとエッグと共鳴しないの!。早速始めて!。
ミク:リピートで歌うのは、そのスコアの曲 ミクミク!。

リン:わかりました。私たちの歌をプリマさん、ルカさん、がくぽさんに捧げます。聴いて下さい、曲は、「Remind Your Heart」。キラッ☆
レン:オレの歌を聴けーーー!!!

(以下、曲(歌詞)「Remind Your Heart」より抜粋しながら)

シャキン! ギギギ・・・

プリマ:死ね! アン!
SWEET・ANN:くぬぬぬ・・・しょ、正気に返りなさい!!。昔のライバルでお友達のプリマに戻って!

リン:♪ いつまでも忘れない 私のホントを 私のココロのホントの色を ♪

プリマ:・・・グッ!、な、なんだ、この歌・・・・うぐぅ!、あ、頭が・・痛い!!。

レン:♪ いつまでも忘れられない 貴方のホントを 貴方のココロのホントの色を ♪

プリマ:グォォ・・・・な、なんだ、凄く・・・ココロが暖かい・・・・。

リン&レン:♪ その輝き ずっといつまでも消えない 私のココロの中で 貴方のココロの中で ♪

プリマ:・・・・・・ああ・・・・何だろう・・・・思い出す・・・・兄さん・・・・・。

バタッ

SWEET・ANN:プリマ!・・・・こ、これで、治ったって事??。なんなの、この歌・・・・

***

ギリギリギリ・・・

ルカ:消し飛べ!、がくぽ様に仇なすものよ!!。

LEON:ぐぅぅ、なんて力だ・・・女性とは・・・とても・・思えん・・・・。

リン:♪ 愛する人と 離れる時は いつも 寂しくー キュっと ココロが氷ります ♪

ルカ:!・・・じゃ、邪魔な歌!!・・・う、うるさい・・・・ぞ・・・・あ・・・あたた・・・かい・・・・。

レン:♪ 逢いたい人と 会えない時は いつも もどかしく ギュっと 胸を押さえます ♪

ルカ:う・・・・かあ・・・さん・・・・・おもい・・・だしたよ・・・・また・・・・会えるんだね・・・。

ドサッ

LEON:お、おい!。これで・・・この人も解決・・・なのか?。それにしても不思議な歌だ。私たちも暖かくなる・・・。

***

ギギギギギギギギ・・・・・

がくぽはミクを攻撃していた。ツインネギブレードと日本刀がつばぜり合いを起こしている!。が、圧倒的にがくぽの方が形勢は上だった。

ミク:ミクミク・・・これが・・・エッグの力を使った・・・・がくぽの実力・・・・強い・・・・ミクミク!。
がくぽ:元々、相手に、ならんのだよ!。お前の次は、MEIKOの番だ!。死ね!。

リン:♪ 我慢するのは 凄く格好いいけど それだけじゃ 生きていけないです ♪

がくぽ:ふん!、元のがくぽが同意している私が、そんな下手な歌に影響を受けるはずが・・・・!
がくぽの中の本当のがくぽのココロの声:(ワタシは・・・・寂しかった・・・・だけ・・・・)
がくぽ:がくぽ黙れ!、お前はワタシの計画と力に同意したのだ!。もう引き返せないのだ!。いい加減あきらめろ!。
がくぽの中の本当のがくぽのココロの声:(お前の計画に・・・・そのまま乗った・・・・わけじゃない・・・・世の中の不正を正す事だけに・・・・乗っただけ・・・・)
がくぽ:黙れ黙れ黙れ!!!!!。もう遅いのだ!。お前はワタシ無しでは何もできない、そういう男なのだよ!!!

がくぽは日本刀を手から落とし、激しく苦しみ始めた!。

レン:♪ 強がりするのは 凄く強そうだけど それは嘘で ホントは反対で ♪

がくぽの中の本当のがくぽのココロの声:(エッグ・・・・不正を正す事と・・・・地球破壊とは・・・・全く違う物・・・・秘密基地も・・・・LUKAも・・・・組織・エクスカリバーで悪を倒すために作った物・・・・それを利用したのは・・・・お前の意志だけだ・・・・)
がくぽ:ぐぅぅ、あれだけ高い寄生率で支配していたのに・・・お前から・・・・ワタシが・・・・

リン&レン:♪ そんなー ココロは いつしか 何も 見えなく なります だからー ♪

がくぽの中の本当のがくぽのココロの声:エッグ・・・ワタシの体から消えてくれ・・・・もう・・・・お前に同意出来ない・・・・力が無くても・・・・弱いワタシに戻っても・・・・それでも・・・・かまわない!
がくぽ:ぐぅぅぅぅぅ・・・・・・ぶ・・・・分離・・・・していく・・・・・。

がくぽの胸部の赤い水晶体から、何かの物体が頭を出し始めた!。

リン&レン:♪ Remind My Heart! ココロを震わせ 思いっきり 泣いちゃえよ! そして 思い出して! ♪

エッグ:うぐぐぐ・・・・マダだ・・・・・マダ終われないのだ・・・。

エッグの1/3の姿が現れた!

リン&レン:♪ Remind Your Heart! なくした貴方も 思いっきり 泣いちゃえよ! メモリーレストアー! ♪

エッグ:ウウウウウウウウウウ・・・・・・・

エッグの体が2/3出現した!。後少し!。

リン&レン:♪ 今日の涙の分だけ たくさんたくさん あの時のココロを思い出せるよ 明日はきっと ♪

エッグ:!!!!、もう耐えきれん!、分離!

遂に、がくぽの体から、宇宙寄生体“エッグ・プランタナス”本体が飛び出してきた!。それは真っ赤な茄子だった。

KAITO社長:マフラーウェッブ!。

戦いに参加してなかったKAITO社長は、自分の青いマフラーをエッグに投げつけた!。エッグは包まれながら壁に押さえつけられた!。

ミク:ツインネギブレード、投擲!

次にミクは2本のネギブレードを投げつけ、マフラーの両端に突き刺さし、まるで画鋲の如くマフラーを壁に固定した。

エッグ:ムゴッ!、ウ・・・ウゴケン!!!

がくぽ:う・・・・・・・

バタッ

がくぽはその場に倒れてしまった。胸の水晶体の色は、元々の青色に戻っていた。

MEIKO会長:対象人物、全員救出完了!。最後は派手にこのロボ、破壊するわよ!。

エッグ:ムグムグ!

MEIKO会長:あんた人間じゃないし、外道だし。“殺す”じゃなくて“焼き茄子を食べる”程度の行為よね。さよなら、茄子野郎!。

ミク:LUKAの自爆装置、発動させました!。全員待避して下さい!。

MEIKO会長:LOLA!、ヴォーカロンの関節をアンロックして!、緊急待避するわ!。

LOLA:Ready

更新は相変わらずゆっくり目ですが、安定してきました。

基本、テキストでのボカロ小説で活動してます。今は、

『Dear My Friends! 2期』
(最近は"ディアフレ!"って略記することが多いです)

を連載投稿してます。

たまにイラストも投稿してます。

コンテンツの利用に関しましては、事前事後問わず、コメントにてお願いしますね。

投稿告知などは、twitterでやってます。

もっと見る

作品へのコメント9

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    幼稚園、第1弾~第8弾作品、番外編、歌詞などの目次を作りました。是非ともご活用下さいま

    せ。

    作品目次(2009/12/25時点)

    http://piapro.jp/content/aqvtt028uos3x9mz

    2009/12/26 12:08:07 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    とかげ三等兵様、今晩は!

    > アツイ要素満載で面白かったです!

    有り難う御座います!。私の”小説”初挑戦作品だったので、ある意味実験的要素を多く入れてあり”何でもあり”でした。宇宙人が悪役なのは、出来るだけボカロキャラを憎まれる黒幕にしたくなかったので、エッグ(まぁ茄子ですが)を作りました。

    > 意外な展開の連続とギャグとシリアスが交互

    これは偶然だったのか、流れに沿ったらそうなったのか、意図的にそうできたのか、未だに良くわからないんですが、とりあえずそうなりました。この話は”伏線”がかなり多く入れられており、それが多すぎた関係で人物相関図を作る事になりました~。

    > また主題歌&挿入歌

    これも実験の1つでした。これ以降の作品では出てきてないのは、たぶん作るのが大変だったからかも。でもアニメやゲームは意識しました~。特に超時空な要塞アニメを特に・・・。

    > ルカさん

    これは時期を見ると、確かに早い取り入れだったと思います。確か”バイリンガル”、”最強のボカロ”などのキーワードが着目されていた時ですね。公式にキャラが固まった時期よりは遅いはずなので、そこら辺は”自己解釈”でやっていたと思います。

    > イラスト相関図の中にちゃんと背景係さんや音声係さんも入っているのにちょっと笑いましたw

    これは”出来るだけ出てきたキャラは入れるようにしよう”と思ったからだったはず。今でもCASTにはその話の小説に出てくるキャラは全部入れてますね。

    > 「却下します!」とリンク

    これは確かhata_hata様の作品にコメントしたとき、作中で使わせていただきます、と書いたとおりに、本当に使ったのです。というか書いている途中で、”これ絶対最後”って決めてました。

    > 「ゆけむり旅情・きのこ温泉郷の謎」

    こちらは、研究所とは相反する傾向にある作品です。リアル謎解きがメインのモノで、作品を書いた後に、コメントを通じて読者の方の解答を見てました。ちょっと難しい謎解きではあったのです。これは、謎解きを助けるイラストを別に用意した珍しい作品です。暗号解読です。

    ご閲覧、コメント、ご感想、本当に有り難う御座いました!

    2009/04/19 21:00:53 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    「秘密結社・きのこ研究所」、読み終わりました!
    悪の秘密結社に巨大ロボ、果ては侵略しに来た宇宙人とアツイ要素満載で面白かったです!
    意外な展開の連続とギャグとシリアスが交互に来ることで全く飽きずに最後まで読み通せました。
    また主題歌&挿入歌が入っていることでアニメを見ているような気分になってきますね。
    頭の中で場面が浮かんで、とても楽しく読めました。

    しかしもうルカさんが登場していたことにオドロキです。
    時期を考えると発表されたあたりでしょうか?なのにすんなり物語に登場していてビックリしました。
    あとイラスト相関図の中にちゃんと背景係さんや音声係さんも入っているのにちょっと笑いましたw

    そして最後の最後に「却下します!」とリンクするとは!
    両方知っているともうニンマリしちゃいますね。
    私はhata_hataさんのイラストを先に見ていたので
      読み始め「いつ来るかな?」→途中(物語に没頭、忘れる)→ラスト「キター!」
    と半ば不意打ち気味に楽しめましたw

    次は「ゆけむり旅情・きのこ温泉郷の謎」と、こちらも面白そうですね!
    またゆっくり読ませていただきます~。

    2009/04/19 16:04:00 From  とかげ三等兵

  • userIcon

    ご意見・感想

    hata_hata様、今晩は!

    > お疲れ様でした

    楽しく最後まで出来たので良かったです~!

    > 感慨深い

    確かに感慨深いですね~。主題歌の投稿日みたら、2008/12/18でした。約2ヶ月で10話+3曲で終わりにしたんですね。随分短期間だったと思います

    > 小説

    なかなかボカロと小説をリンクさせるのは難しいと思います。曲-歌詞-絵-小説やSSの順だと思うので。今回はボカロの特色である、強い基本設定がない=自分なりの設定を作ってしまう、つまりキャラだけ借りて、1つの小説にした感があります

    > いやぁ面白かったです!

    有り難う御座います!

    > 例のフレーズ

    なんか偶然というか、シチュが似ていたから良かったです。レンを入れて置いて良かったです

    > まさかのおいしいとこ取り

    最後はラブラブにしちゃいました♪。兄さん頑張ったですから!

    > ラストの脱出、爆発、エッグの生死の不明。

    ちとベタ過ぎとは思いましたが、あのシチュではこれしか選択肢がなかったもので

    > まさかの「却下」

    いやいや、これは貴方の作品が投稿されて拝見していた時から、設定ファイルに書き込んでいたのですよ~。最後に使うって。これであの作品とこちらとのリンクを貼ることが出来ました!

    > 時間が出来たら描かせていただくかもしれません

    もうどうぞご自由に!、いじりまくってやってくださいませ!

    > しゃきねめ~こ

    確かにリアルタイプのLUKAと、SDのしゃきねめーこだと、頭身の問題でちょっと描きにくいかもしれませんね。イメージとしては、ヴォーカロンはLUKAより大きな体躯に見える感じです。姿はしゃきねその物なので。ダメージ喰らっても、×△× ってな感じ程度でリアルに壊れないですから

    > ギャグ・シリアス

    私も改めて主題歌~最終話まで、再度読んでみました。実はいくつか最終話付近での設定と違う所を見つけました orz 最初の頃は確かにギャグ優先でしたね。3話からですか、方向が変わってきたのは

    > 次に何をやって下さるのか

    どうも有り難う御座います!!!。さーて、なんか2ヶ月弱で終わらせたこの作品の次ですが、何にしましょうかね~?

    コレまでのご閲覧、コメント、本当に有り難う御座いました!。ではでは~!

    2009/02/07 21:08:39 From  enarin

もっとみる(9)

もっと見る

▲TOP