青い詩

投稿日:2011/11/23 15:00:49 | 文字数:787文字 | 閲覧数:95 | カテゴリ:その他 | 全4バージョン

ライセンス:

青色厨の仲間はいないのかなあ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

結局のところ私は 青色厨
青い詩をたくさん書くの



握りすぎて腐らせた 僕の右手 君の左手は
今実在するのは
空がうつって青かった、道路上の、浅いみずたまりで
拾い上げて 可笑しくって また放り投げてしまったよ
次の腕、いつ生えるかな



もう遅いのだ
真っ青な水は
赤い血だまりより怖い



僕のコートは裾からじわじわ青くなる
そのうち灰になって裾から消えていく
そうしてコートを脱いだはずの僕は
どうしてかまだ、寒そうにしない
顔を動かさないので、表情がない

青が好きで 困ったときには青で代用した
僕は青に依存している
空っぽの胸も青に浸した
寒くて青い炎にこころをかざして
青い影が僕を付きまとう今は
時代さえも青い

だから 海も空も もう青くない



あなたが一番最初に浮かべた青と
私の一番の青が、きっと違うって
そういうことがすべてだと思ったの



「あお」ってどんな色か
不健康の印
神秘的な憧れ

私にはおそらく、飲むことの できるなにか



自分と何かが似ている人を見つけてくっついた
見せ掛けのタッグ

青い蝶が 青い花にとまるの
かわいくない



拒絶の あお
いつでもおいでの あお
やっぱりこないでの あお
(いかないでほしいのに)の あお



「随分、難しいことを言うんだね・・・・・・」

言葉の意味は分かったよ
君は僕を愛していると、そういうことだろう?
それ、すごく難しいよ
その愛 無償なの?本当に?
嘘?
じゃない?じゃあ根拠は?
ない?
でも信じてほしいの?



うふふ
私透明だから、見えそうで 見えないの
私ごしにビル街を眺めるあなたは
そのうち私に 食べられちゃうと 思うんだけど

私にあって あなたにないもの

でもこれあげられないから、
やっぱり私あなたを頂くわ



(`・ω・´)DTMやってるらしい たまにきもちわるい文章もかく 弾いてくださるかたご連絡ください 
マイリストhttp://www.nicovideo.jp/mylist/19630151
twitter: miri0an0n

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP