白狐

投稿日:2019/07/08 15:16:31 | 文字数:280文字 | 閲覧数:80 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「白狐」

 私、死ぬまでに、いくつ、詩が書けますか。
 神社のお稲荷さん、油あげ、あげるから、
 なくしもの、さがしてくださいな。

 1つ、2つ、蜜、4つ、5つ。
 忘れた言の葉、思い出す。
 
 私、死ぬまでに、いつ、運命の人と、会えますか。
 小指につながった、赤い糸。
 「こんにちは」って、私の前に、現れて。

 神社のお稲荷さん、お宮参りするから、
 わすれもの、みつけてくださいな。

 なくしたものは、まるで、異次元ポケットに落ちたような、
 空白で、思い出せないの。

 懐かしそうに、うしろをふりかえって、
 ただ、しっぽが、見えるだけ。

 ガーリーで、キュートな作品を目指したいと思います。
よろしくお願いします。

 

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    6号車です。
    「白狐」が出来ました。よろしくお願いします。

    2019/08/25 18:58:14 From  6号車

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ありがとうございます。

    2019/08/25 21:15:07 pudding_

  • 白狐

    by 6号車さん

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP