スノー*ラビット

投稿日:2012/10/30 17:33:14 | 文字数:1,024文字 | 閲覧数:72 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

S1
瞬く白の世界 私を連れていって
あふれ出した夢の物語[ストーリー]

A
降り出した しとしと雨は
北風にふわふわ舞って
街を廻り 白く染めていった

手袋に 初雪のせて
丸い瞳[め]と 長い耳を
付けてあげる 手のひら分の愛込めて

B
窓辺の外 見える影に
「おやすみなさい」と手を振った
ふと気づくと 長い螺旋
光る扉が開いて

ふたつの耳 手招きして
飛び跳ねて消えていった
駆け上って 階段の先超えた

S
瞬く白の世界 落ちてく星に乗って
おどけた瞳で おいでと笑うsnow rabbit
三日月の揺りかごに 星屑の迎え来て
あの夢の国までいこう 追いかけていこう

A
舞い降りた ひらひら雪と
結晶の花の道をたどってゆけば
煌めくお城が見えた

B
お出迎えのふたつの耳
「ようこそお姫さま」だなんて
ふと気づくと 光る魔法
白いドレスに着替えて

硝子の靴 鳴らし歩く
氷の扉通れば
白い耳の仲間たちが待ってる

S
楽しい時はいつも 終わりがやって来るの
「またね」と言う 悲しそうな瞳のsnow rabbit
眩しい光差して 窓辺にはもういなくて
それでもいつか夢の中で
きっと逢えるよね


~かな読み~

1
またたくしろのせかい わたしおつれていって
あふれだしたゆめのすとーりー


ふりだした しとしとあめわ
きたかぜにふわふわまって
まちをめぐり しろくそめていった

てぶくろに はつゆきのせて
まるいめと ながいみみお
つけてあげる てのひらぶんのあいこめて

まどべのそと みえるかげに
おやすみなさいとておふった
ふときづくと ながいらせん
ひかるとびらがひらいて

ふたつのみみ てまねきして
とびはねてきえていった
かけのぼって かいだんのさきこえた

またたくしろのせかい おちてくほしにのって
おどけためで おいでとわらう すのーらび[っと]
みかずきのゆりかごに ほしくずのむかえきて
あのゆめのくにまでいこー おいかけていこー

2
まいおりた ひらひらゆきと
けっしょうのはなのみちおたどってゆけば
きらめくおしろがみえた

おでむかえのふたつのみみ
よーこそおひめさま だなんて
ふときづくと ひかるまほー
しろいどれすにきがえて

がらすのくつ ならしあるく
こおりのとびらとーれば
しろいみみのなかまたちがまってる

たのしいときわいつも おわりがやってくるの
またねという かな

花陽と申します。
(†由良†から改名しました。)

ニコ動マイリス↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/25064407

主にコラボと歌詞応募で活動中。
どんなジャンルの歌詞でも大体は対応できます。

作詞を始めて気付いた特徴。
和風とちょっと後ろ向き気味な歌詞を考えるのが好きらしい(¬з¬)♪

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    花陽さん
    はじめまして。ttmywrkです。ご応募ありがとうございます。

    他の方の作品にはないファンタジーな内容ですね。選考の幅が拡がって嬉しいです。
    ただ、うさ耳をつけたあざといGUMIを想像した私はちょっとダメな大人かもしれません。

    検討させていただきますね。

    2012/10/14 23:01:17 From  ttmywrk

▲TOP