きみがよみがえるのを

投稿日:2019/06/12 22:12:54 | 文字数:386文字 | 閲覧数:25 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

自作のオンガク投稿作品の歌詞です。
うちのカイト兄様のデビュー曲として作りました。

KAITOというキャラクターってどんなだろうと。
想像して私の中から出てきたイメージがこんなでした。

凹んでる人に「コーヒー飲む?」なんてニコニコしながらマグを差し出すお兄さんです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君が泣くほどつらい思いを抱えて帰ってきても
僕がコーヒーを淹れて話を聴いてあげるから

眠れないほど悔しい夜なら 二人起きていようか
深夜ラジオをダラダラ聞こうよ 君が飽きるまで

上手く行かない日もあるさ
全てが泡になる事もあるさ

肝心なのは 君が諦めないこと
「もう一度!」って折れないで立ち上がること

僕は待ってる
僕の知ってる 君が甦るのを


君はこの頃 日曜になると昼まで起きてこない
口癖は「もう疲れた。死にたい。」 聞いていて、つらい

イヤになるほど自分を責めたら 今日は外に出ようか
おとぎの国で迷子になろうよ 君が笑うまで

上手く笑えなくていいさ
弱音吐きながらでも構わない

大切なのは 君が今生きていること
「それだけの・・・」ってその価値を疑わぬこと

僕は待ってる
僕の知ってる 君が甦るのを

僕は待ってる
僕の大好きな 君が甦るのを

こんにちは。

オンガクをメインに参加していますが、2D/3Dに関わらずCGも描きますし、唐突に小説を書いたりもします。

それら全てがモテない感じです。ナイーブなので優しくして下さい。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • きみがよみがえるのを

    by くにQさん

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP