真夏日

投稿日:2019/07/16 18:18:37 | 文字数:372文字 | 閲覧数:55 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

現在曲募集中です!


夏は似たようなものを量産してしまう( ´ཫ`)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A
君には僕になってほしくなかった
誰もいない 部屋の隅で
間抜けな顔だろうな
こんな腫れた目で
青空なんて 仰げないよな

1B
ひりつく肌に 張り付く汗が
早く走れと急かすまま
一番を探していた

1サ
ああ 夏がきた 夏がきてしまった
どうやら時間は戻らぬようだ
このテンポの人生だ その程度の人生だ
じりりと喚いた蝉が 僕に焼き付いた
部屋の進まぬカレンダーを めくった





2A
君には僕になってほしくなかった
声の出ない 心の底で
腑抜けた僕だからな
どんな問いならば
煩い熱を 冷ませるのかな

2サ
ああ 夏がきた 夏がきてしまった
どうやら時間は戻らぬようだ
このテンポの人生だ その程度の人生だ
じりりと喚いた蝉が 僕に焼き付いた
部屋の進まぬカレンダーを めくった

C
僕のそんなある日の夏
暑い暑い ある日の夏

大学①
作詞、動画イラストを受け付けております。
詞先のものが多くあるので、現在曲募集中ですと書かれている歌詞は是非曲をつけていただきたいですです。
曲先でももちろん大丈夫です。
仲良くしてください!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP