【背徳の姫君】最後の砦~Φρούριο~

投稿日:2014/10/15 05:20:55 | 文字数:565文字 | 閲覧数:58 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

小説の掘り下げソング。
理の王子の愛馬にして忠臣、砦の歌。
人と動物、言葉の通じないふたりでも、互いに心が通ったならばもはや互いに身体の一部であって、思い出や気持ちを共有する大切な相手になり得るのではないでしょうか。

言葉が伝わらなかった頃は、何でも解り合えたけど、悪魔の力によってふたりは言葉が通じるようになり、解り合えなくなることもあるんじゃないかな…と続編の掘り下げをした歌詞。

馬には色んな数え方がある。それをフル活用したかっただけの曲。
【小説】http://ncode.syosetu.com/n1935bb/

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

悲しむ術を知らぬ子よ 涙の意味も解さぬ子 強くあれ強くあれ
喜びの意味さえ 見つめる他には解らない 研ぎ澄まされた剣か
何のため誰のため 顔も知らない民衆(ひと)のため
何がため誰がため 名もなき姫(ひと)を追い求め

貴方の身体の一部 貴方の心の欠片(パーツ)
言葉伝わらなくても 心なら繋がっている
物語ること許された 一人と一頭(ふたり)に恐れる物はない!



口に出さなくたって 貴方の思うことは解る
答えが貴方に無いのなら きっと私が知っている
だけど貴方には解らない だからせめて隣にいたい
だけど伝える術が無い だからいつでも傍に居たい

貴方の肉体(からだ)の一部 貴方の記憶の欠片(パーツ)
言葉解さぬ同士でも 共に奔り続けられる
絆固く結ばれた 一人と四蹄(ふたり)恐れる物などない!


戦う術に愛されて 愛する術に無知なる子 慈しみ慈しみ
大事な人も傷付けずには生きられない 与えられる愛、国(ひと)のため
語り合い見つめ合い 触れ合えるはずの種族で
言葉さえ心さえ 結ばれぬ『魔法と呪い』『殺人地獄』?


貴方の全ての一部 貴方の想いの欠片(パーツ)
すれ違う時が来ても 私は貴方のためにある
願うのは願ってたのは 一騎(ふたり)より貴方に幸せを
崩れても滅ぼされても 城壁より最後の砦(フル―リオ)

本業趣味の小説の掘り下げで物語っぽい曲作り。

ボカロさんには演劇とかミュージカルのノリで歌って貰ってます。歌って踊れる演劇ロイドを目指して、たまに女装とか男装とかさせてます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【背徳の姫君】最後の砦~Φρούριο~

    by 有月 仮字さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP