鯨と少女【曲募集中】

投稿日:2019/06/01 15:50:49 | 文字数:497文字 | 閲覧数:186 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夏の訪れと爽やかさをイメージした歌詞です。
少し切ないような感覚も取り入れてみました。
今回、Aメロを呼びかけ方式にする、
新しい試みも加えてみました。
見て頂けたら嬉しいですm(_ _)m

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Aメロ】
少し小さなこの心でも
あなたの居場所はちゃんとある
鍵を掛けずにおいておくから
いつでも入って来ていいよ

【Bメロ】
春の終わり 夏の微熱
色濃くなる影と陽射しと高揚
淋しい顔 叶わぬ夢
全て全て 溶けて消えますように

【サビ】
鯨の背に乗って迎えに行くよ
悲しみで覆われた海原くぐって
気づかないでいいよ 浅い痛みは
抜け出そう 行き先はどこでもいいよ
ときめく胸 揺れる青 あなたのものさ

【Aメロ2】
淡い色したその思い出は
もう少し使える気がするよ
捨てないでいて片隅にでも
飾って置いたらいいんだよ

【Bメロ2】
風のそよぎ 光仰ぎ
まだ還らず海に混じって潮騒
幼い声 無垢な瞳
汚れなどは知らぬままでいいからさ

【サビ2】
放たれてく窓に波の薫り
もうすぐにあなたへと辿り着くから
忘れないで欲しい この夏の日を
運命が指す方へ 共に旅立とう
遠のくほど 深い青 あなたのものさ

【ラストサビ】
鯨の背に乗って迎えに行くよ
悲しみで覆われた海原くぐって
気づかないでいいよ 浅い痛みは
抜け出そう 行き先はどこでもいいよ
ときめく胸 揺れる青 あなたのものさ

コラボ活動を再開します。
新規のコラボ依頼などはDMくださいませ。
なお、状況などによりお断りさせて頂くことがあります。
ご了承、宜しくお願い致します。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP