とある青年の最期

投稿日:2011/12/13 16:22:23 | 文字数:699文字 | 閲覧数:17 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

君の笑顔が、世界で一番好きだから。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『とある青年の最期』

【A】
 君がいて、僕がいて
 「好きだよ」って、言い合える事が
 一番の、幸せだったと
 僕はね、思うんだ。

 君がいつか、僕から離れ
 一人ぼっちに、なったとしても
 一番の、幸せは
 君がね、笑っていることだ。

【B】
 そう思う僕は、
 軟弱なのかもしれない。
 もしかして僕は、
 自分勝手なのかもしれない。
 それでも、
 ずっとずっと君の幸せだけを、
 永久に望んでいるから。

【サ】
 「後悔しないでね」
 何度も言ったこの言葉の意味
 君はちゃんと
 理解して聞いていたのかな
 「後悔しないよ」
 何度も言ったその笑顔の中
 僕はいられて
 幸せだったよ。


【A】
 君の性格、裏も表も
 そりゃそんなに、良くはないけど
 君の、その笑顔が
 世界で、一番好きだった。

【サ】
 そろそろ僕は、
 真実を伝えないといけない。
 「もうすぐ僕は、
 一緒にいられなくなる」と。
 それから、
 「ずっとずっと愛している」と、
 不意打ちに微笑んでみよう。


【サ】
「愛している」
 ずっと言たかったこの言葉
 僕はずっと
 誰よりも臆病だったのかな

 「後悔しないでね」
 何度も言ったこの言葉の意味
 君はちゃんと
 理解して聞いていたのかな
 「後悔しないよ」
 何度も笑ってくれた君
 僕は何度も
 その笑顔に救われていたんだよ。

【C】
 自己満足だけど、
 どうか最後に言わせて欲しい
 好きになってくれて
 「ありがとう」

sakyと申します。細々と作詞みたいなことしてました。
たまに絵も描いてました。

字数は考えていたり考えていなかったり。

「曲募集 タグ」がついていなくても、「歌詞 タグ」が「ついていない場合」に関しては、曲を募集しておりますので、気になったものがあれば一声かけてくださると嬉しいです。
歌詞改変は要相談。

基本的にTwitterにいます。
 http://twitter.com/saky114

ご入用の方はメッセージを飛ばすか、Twitterへ。

※使用してくださる方へ※
身勝手な要望ではありますが、もし可能でしたら、途中経過を報告してくださると助かります。また、断念する場合も報告してくださると助かります。
(使用していただくことに慣れていないため、気になってしかたないのです)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP