月時雨

投稿日:2011/08/14 03:33:46 | 文字数:363文字 | 閲覧数:315 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

叶わぬからこそ好いていたのに。





身分違いの恋を前提に。

前バージョンに読みがあります。

詞先で申し訳ないのですが、
何方か作曲して下さる方を募集しています。
良ければでいいので、宜しくお願い致します<●>

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


星の間を指で縫って
作ったのは心に似た象(カタチ)
足りない分を足し合ってた
例えてみればそれは

鼓動の数だけ
近づいてる気が
するのに

まるでそれは異世界(パラレル)のように
誰も応えてはくれない真夏の夜
圧し殺した声で歌い出す
五線譜は灯りに隠したの


黄昏色に空を塗って
月下の想いをそっと隠した
ざわつく心を埋めるのは
唯一つの嘘でいい

譲歩する度に
君はまた泣いて
褪せてく

まるでそれは異世界のように
叶わぬと悟るや逃げてく真夏の夜
この歌を別れの代わりにと
五線譜を仄かに照らしたの


悲しい時ほど笑ってしまえと
泣き笑いのまま云ってた誰か
月の光降り注ぐ頃抱いた
もう確かめる事もできない恋


まるで此処が異世界かのよう
月光に照らされ踊り身を焦がす
花弁は一滴を受けて
私は旋律を刻むの


訪問ありがとうございます、飴太(あめた)です。歌詞を書いたりしています。
弱点は肩のうしろの2本のツノのまんなかにあるトサカの下のウロコの右。

歌詞の使用・作詞依頼などありましたらお気軽にご連絡下さい。
ついったーによくいます。


▼ニコ動マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/26702950

▼twitter→https://twitter.com/#!/amt_68

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP