生き人形と恋狂いの小話

投稿日:2011/06/07 00:22:15 | 文字数:721文字 | 閲覧数:125 | カテゴリ:その他

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

小説というほど長くはないので。
間奏部分の文章です。

動画で一部誤字があったのでこれは手直ししてます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

とある小さな街に住む人形師は、そのとある小さな街に住む娘に好意を抱いておりました。
娘はよく笑いよく働き、誰にでも分け隔てなく愛を与え、そして同様に誰からも愛されておりました。
けれどもそんな娘をより一層愛し、娘により一層愛される男が現れました。
その男とその娘は瞬く間に親しい間柄となり、そう時間も経たないうちに一生の契りを結ぶことになったのです。
街の人々はそんな男と娘を心から祝福しました。
何故なら娘は誰からも愛されていたからです。
そう、誰からも。

それはあの人形師も同じでした。
しかし彼はどうしても男と娘が結ばれるという事実を受け入れることが出来ません。
思い出すのは貧しく口数も少ないそんな自分にも笑顔を見せ、彼女が好きだという歌を歌って聞かせてくれるあの姿、あの声。

それがただ一人の男の為だけのものになってしまうのか。
人形師は家に閉じ篭もり、以前にも増して無口になり、以前にも増して貧しくなりました。
それでも人形師は家から一歩も出ようとしません。
また、そんな彼を連れ出そうとする人も、その街にはいなかったのです。
ただ一人を除いては。

ある日いつものように静かな家で静かに息をしていると、あの声が扉の向こう側から聞こえました。
それは紛れもなく人形師が愛した娘の声でした。
何日かぶりに扉を開ければ、以前と何も変わらない娘の以前と一つだけ違うところはその細く白い指でささやかに光る指輪だけでした。
けれどそれを視界に入れた途端、人形師の胸に湧き上がるのは、今までに少しも感じたことのない恐ろしい程の嫉妬の嵐でした。

そして気がつけば人形師の腕の中には冷たくなって動かなくなったあの美しい娘の姿があったのです。

塩分名義でボカロ活動しています。
作曲については未だ模索中です。

当方の楽曲を使用してニコニコ動画に投稿される際はコンテンツツリーへの親作品登録と原曲動画へのリンクを投稿文にお願い致します。
その他の投稿サイトにつきましては原曲へのリンクをお願い致します。
また、人力作品へのご利用はご遠慮下されば幸いです。


ニコニコでは「塩分P」として動画を投稿させて頂いています。
http://www.nicovideo.jp/mylist/24383127

■Twitter @shione_salt


■UTAU活動もやってます。
配布サイト
http://saltpan.web.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP